ジャニーズ脱皮、V6岡田准一に「日本版トム・クルーズ」の評! - アイドル 芸能 見張り隊

ジャニーズ脱皮、V6岡田准一に「日本版トム・クルーズ」の評!

近年はジャニーズアイドルの枠を超え、俳優としての地位を確立させている、 V6の岡田准一(33)。

21日に公開される映画「永遠の0」で“海軍一の臆病者”と呼ばれた天才零戦パイロット・久蔵を演じていますが、「日本版トム・クルーズ」の評もあるほどの、モテモテぶりです。

永遠の0/百田尚樹

永遠の0/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
映画では「陰日向に咲く」「天地明察」「図書館戦争」、ドラマでは「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」といったコメディーから「SP」といった正統派まで。来年1月からは大河ドラマ「軍師官兵衛」で主役を務める。もはや「V6」のカミセンメンバーということを忘れている人も多いだろう。

「ジャニーズ俳優」といえばベテランでは木村拓哉(41)が挙げられるが、「何をやってもキムタク」というタイプとは一線を画す。端正な顔立ちながら演技派としても評価は高い岡田。映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「目力があって彫りが深い顔立ちなのにどんな役もこなしてしまう。あんなに濃い顔なのに丸刈りにするときりっとした旧日本軍の軍人に見えてくるんです。普通の髪形のまま海軍兵を演じた『真夏のオリオン』の玉木宏に比べたらしっかり役づくりしてますしね。日本版トム・クルーズのようなイメージ。たかがジャニーズと思ったら大間違いで、すでにアイドルというよりも俳優という印象が定着しつつある。

また、真面目な役だけじゃなく、クドカン作品のようなサブカル的なジャンルもこなすので、いっかん映画界でも認められている。何をやってもアラが出ない器用な役者ですが、それだけ努力もしているのでしょう」
(日刊ゲンダイより引用)

仕事はすこぶる順調。岡田の才能を見いだしたジャニーさんも大喜びでしょうね。

それにしてもなぜ今、岡田なのか。岡田の属するV6は、ジャニーズ内のグループでもその活動がほとんどないことでも知られていますが、各メンバーは個人活動でそれなりの活躍を見せています。

とくに森田剛はNHK大河ドラマとも縁が深く、『八代将軍吉宗』(1995年)、『毛利元就』(1997年)、そして一昨年の『平清盛』(2012年)でも平時忠という重要な役どころを担い、俳優としての存在感を強くアピールしている。
井ノ原快彦はいうに及ばず、NHKで朝の情報番組『朝イチ』が絶好調だ。

こうしてみると、グループとしての活動実績がほとんどないものの、V6各メンバーによる岡田の大河ドラマ主演への道は着々と築かれていたことがわかりますね。

図書館戦争 スタンダード・エディション/岡田准一[DVD]【返品種別A】 陰日向に咲く、9つの花〜勝てない僕らが咲けるまで〜 / 岡田准一/宮崎あおい/他 [DVD] 天地明察
(関連商品)

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
「ももクロから笑顔が消える…」石橋貴明が、AKB48総支配人の“脱法ハーブ疑惑”をおちょくった!?
近藤真彦の長男、大学まで一貫の名門私立小学校に合格!約2か月の早期出産も、厳しく育てた。
もう、言い逃れはできない!猪瀬知事、過去を徹底的に記録した「黒革の手帖」があった。
東尾理子が語る壮絶出産「ダウン症児ではなかったが、理汰郎の首は1回転半ねじれて、出てこない」
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。