「舞祭組」成功の中居正広プロデュース、次のターゲットは“問題児”赤西仁で決まり!? - アイドル 芸能 見張り隊

「舞祭組」成功の中居正広プロデュース、次のターゲットは“問題児”赤西仁で決まり!?

SMAPの中居正広の”芸の伸び代”が大きいのには、正直、驚かされます。

役者としてはもちろん、司会業にも定評があるところですが、さらに、プロデューサーとしてもその手腕をいかんなく発揮しています。

”落ちこぼれ”のユニットを再生してみせたと思ったら、今度はあの”問題児”を改造するというのですが、ここは、お手並み拝見といきましょう。

(日本版)舞祭組(BUSAIKU) -「棚からぼたもち」(初回限定盤 A:CD+DVD)(予約 発売日:2014.01.15以後)

(日本版)舞祭組(BUSAIKU) -「棚からぼたもち」(初回限定盤 A:CD+DVD)(予約 発売日:2014.01.15以後)

(関連商品)

(以下引用)
グループ名の命名や作詞・作曲などトータルプロデュースを手がけたジャニーズ事務所のユニット「舞祭組(ぶさいく)」のデビュー曲「棚からぼたもち」が、初週13.3万枚を売り上げ、12月23日付の音楽チャート・オリコンの週間シングルランキング2位に初登場した。

同ユニットは、人気グループ「Kis-My-Ft2(以下キスマイ)」の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人によるもの。

「4人は、キスマイではハッキリ言って『その他大勢』だった。ところが、そんな4人を中居が不憫に思い、本格的なプロデュースに乗り出したところ、スーツにネクタイという衣装に、ジャニーズなのに自虐的な歌詞にキレキレのダンスで、デビュー曲発売前から『歌が面白い!』『頭から離れない!』『子どもに踊らせたい!』など、キスマイファンの間では話題騒然。
グループ名の当て字はジャニー喜多川社長が直々に考えたというが、それも中居をかわいがっているから。とはいえ、キスマイもSMAP同様、統括しているのは敏腕チーフマネージャーのI女史。SMAPを積極的にバラエティで売り出してきたI女史でなければ、企画自体にゴーサインが出なかっただろう」(音楽番組関係者)

今回の舞祭組の成功によって注目を浴びているのが、中居のプロデュース能力のようで、「4人はこのまま埋もれてしまってもおかしくなかったのを、中居に掘り起こされ“再生”に成功。今後もI女史が統括する自派閥の所属タレントの“再生”業務を中心に、本格的にプロデュース業に乗り出すようだ」(同)というが、真っ先にプロデュース候補に名前が挙がっているのが、あの問題児だというのだ。

「今夏にソロ活動を再開させた赤西仁。ソロ発売したCDはそこそこ売れているものの、いまいち“赤西ワールド”に引きこもっていて、広い層からの支持が得られていない。おまけに、満を持して出演し、俳優としてのステップアップを狙った公開中のハリウッド映画『47RONIN』が大コケ。
深夜の“クラブ活動”や、女優の黒木メイサとのデキ婚で、もともと世間のイメージが悪いので、この先、どうやっても再浮上するのは厳しい。ジャニー氏も、お気に入りの赤西をなんとかしたいと思っているようで、中居の手腕に託されることになりそうだ」(スポーツ紙記者)
(日刊サイゾーより引用)

SMAPに会いたい! (下) 証言と秘蔵写真でつづる青春秘話 中居正広 香取慎吾 草ナギ剛/SMAP同窓会一同/著(単行本・ムック)

SMAPに会いたい! (下) 証言と秘蔵写真でつづる青春秘話 中居正広 香取慎吾 草ナギ剛/SMAP同窓会一同

(関連商品)

これまでクールなイメージが売りだった赤西ですが、中居がどうイジり倒して“改造”するのかが注目されるところです。

これが成功すれば、中居も幹部候補生として有力な武器になりそうですね。

【ジャニーズ・新勢力図】マッチ社長、東山副社長、中居・櫻井は幹部候補。キムタクは独立の道へ。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
杏 「ごちそうさん」絶好調でもイライラ!元凶はあの共演俳優?
嵐が提唱する「ファンキーダンス」を、ファンはいかにしてマスターしたか
ジャニーズ脱皮、V6岡田准一に「日本版トム・クルーズ」の評!
東尾理子が語る壮絶出産「ダウン症児ではなかったが、理汰郎の首は1回転半ねじれて、出てこない」
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。