嵐・二宮和也はソロ向きのシンガー?個性際立つ歌声と作詞術に迫る - アイドル 芸能 見張り隊

嵐・二宮和也はソロ向きのシンガー?個性際立つ歌声と作詞術に迫る

嵐イチの演技派として知られる二宮和也。ドラマから映画、舞台まで大活躍ですが、果たしてシンガーとしての実力は…?

その類いまれな歌声と作詞術に迫ってみましょう。

【予約2014年2月12日、発売日到着不可能】嵐 Bittersweet ARASHI 新曲 ニューシングル(初回限定盤)(DVD付)松本潤 失恋ショコラティエ 主題歌

【予約2014年2月12日、発売日到着不可能】嵐 Bittersweet ARASHI 新曲 ニューシングル(初回限定盤)(DVD付)松本潤 失恋ショコラティエ 主題歌

(以下引用)

二宮和也の歌唱力については「嵐のなかで2番目に上手い」というのがもっぱらの評価だ。ファン投票による「歌がうまいジャニーズランキング」においても8位にランクインしている(1位は大野智)。

声量は嵐メンバーのなかでも随一だし、声質そのものが高音寄りでよく響くため、キーの高いパートでは一番しっくりくる。一方で、ライブでの歌唱は好調なときと不調なときの差が見られるが、デビュー時に比べると成長著しい。

課題があるとすれば、彼自身の強みでもある声の特徴(声量・声質)が他のメンバーと時にフィットせず、ユニゾンやハモリのパートを聴くと「浮いている」ように感じられることもある点だろう。歌い方が他のメンバーに比べアーティスト然しているのもその一因かもしれない。良くも悪くも「個性」の際立つシンガー、それが二宮和也なのである。

上記のような理由から、二宮の歌が最も映えるのはソロ楽曲であるように思う。彼は歌に抑揚をつけるのが得意だし、楽曲ごとに歌唱を変えることができる。例えば「秘密」ではポップで明るく歌う一方「虹」ではウィスパーボイスに近い声で優しく歌い上げているように、それぞれの楽曲に合わせてスタイルを変えることができる歌い手だ。ユニゾンだと時に「浮いている」ようにも聴こえた歌声もソロ曲だと全く違和感なく、むしろ生き生きとして聴こえるように思う。

また彼は楽曲を作ることができるのも大きな強みだ。嵐の楽曲においても二宮が作詞や作曲を担当したものが実は数多く存在する。とりわけ二宮の作詞力に対する評価は高く、前述の「虹」とそのアンサーソングといわれる「それはやっぱり君でした」の歌詞はファンの間でも人気が高い。

「虹」の詩世界は女性目線で描かれており、歌詞中に登場する「きみ」と「君」をそれぞれ「元カレ」「今の彼氏=結婚する相手」と使い分けて歌う。二宮自身は後に音楽誌のインタビューでこの曲について「『きみ』との幸せな思い出に別れを告げて、今日『君』と結婚しますという『きみを忘れる旅』を歌ったラブバラード」だと語っている。

一方「それはやっぱり君でした」は男性目線の曲で亡くなった彼女を歌った唄。その相手が「きみ」なのか「君」なのかは明かされておらず、多くの余白が聴き手に委ねられている。このような歌詞に含みを持たせ、それぞれの想像力に物語を委ねる詩世界は他のアイドルに類を見ない二宮和也の真骨頂、アーティストとしての強みとなるオリジナリティだといえるだろう。
(Real Soundより引用)

【在庫有、翌日発送】LOVE (初回 限定)(DVD付) 嵐 Arashi  アラシ  初回限定

【在庫有、翌日発送】LOVE (初回 限定)(DVD付) 嵐 Arashi  アラシ  初回限定

(関連商品)

この記事を読めば、二宮和也のソロアルバムを聴いてみたいという気持ちが強くなりますね。

ソロ活動への特性は、リーダー大野智をも上回るのではないでしょうか。
その際はぜひ全編作詞も担当し、コンセプチュアルなアルバムを制作してもらいたいものです。

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
芦田愛菜主演ドラマでついに“犠牲者”が…。放送続行の日テレ、視聴率アップ狙いか?
【東スポキャッチ】男性アイドルグループのXに薬物疑惑!?
【ジャニタレ正月休み裏話】嵐・大野智は「1人でカニ」、櫻井翔は「嵐見ながら酒とお節」
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。