ドラマ「明日、ママがいない」が大炎上!あえてやっかいな問題に斬り込んだ日テレに「正義」はあるのか - アイドル 芸能 見張り隊

ドラマ「明日、ママがいない」が大炎上!あえてやっかいな問題に斬り込んだ日テレに「正義」はあるのか

日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」が大炎上しています。

ネットでも話題なのでご存じの方も多いと思いますが、そのあまりにも過激な内容に賛否両論が相次ぎ、29日放送の第3話ではすべてのスポンサーが提供を降りる異例の事態となりました。

当の日本テレビは「最後まで見て欲しい」と繰り返すばかりですが、CSRコンサルタントである竹井善昭氏は、テレビ局の「社会的責任(CSR)について問われているのだ」と語っています。


さよならぼくたちのようちえん / 芦田愛菜 [DVD]

さよならぼくたちのようちえん / 芦田愛菜 [DVD]

(関連商品)

(以下引用)
このドラマ、年明け1月15日から放送が開始された。児童養護施設に暮らす子どもたちの姿を描いた作品だが、その表現が差別を助長したり、施設で暮らす子どもたちを傷つけるとして、いわゆる「赤ちゃんポスト」を設置する慈恵病院(熊本市)が日本テレビに放送中止を求め、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会にも審議を求める申立書を送付した。また、全国児童養護施設協議会と全国里親会も放送内容の改善を求め、同局に抗議文を送付。いわば、日テレは業界全体を敵に回す格好になってしまった。

ネットでも話題騒然で賛否両論あるが、CSR視点でこの問題を語ったものは見当たらなかったので、今回はその視点で書きたいと思う。ただし、残念ながら僕は第1話の放送を見ていない。第2話を見ただけの判断であることをまずはお伝えしておく。

●ドラマを見て強く感じた、リアリティの欠如

第2話のテーマは「里親」について。虐待によって殺されかけ、舞台となる施設に入所した幼い男の子が、里親候補となる子どものいない夫婦のもとに「お試し」で預けられるという話だが、虐待を受けて施設に入所している子どもの里親になることの困難さは、視聴者にもある程度なら伝わるようにはなっていたかと思う。しかし僕は、肝心の状況設定が間違っている気がした。

まず、第2話の状況設定を簡単に説明しよう。

この里親候補の夫婦は、最初は愛情深く男の子(この子は、母親がパチンコ依存で育児放棄したことで死にかけた子どもなので、「パチ」というあだ名で呼ばれている)に接する。しかし、パチは使い古したシャンプーのボトルを抱きかかえたまま離そうとしない。それは、自分をネグレクトした母親が使っていたシャンプーのボトルで、つまり「母の香り」だったのだ。そのことを知った里親候補の妻は、自分の愛情を受け入れようとしないパチの行動に憤り、無理やりボトルを取り上げ、ゴミ箱に捨ててしまう。そのことでパチは、虐待されていたときのことがフラッシュバックし、パニックを起こしてしまう、というもの。

僕は、これがリアリティを欠いていると感じてしまった。そもそも虐待を受けた子どもの里親候補というのは、過去にも里親経験があり、さらに専門的な知識とスキルの研修を受けた人たちだ。そのような人たちが、自分の感情にまかせてあきらかに子どもを傷つけるような行為を安易に行なうだろうか。そんな疑問を抱かせるような、リアリティの欠如を僕はこのドラマに感じてしまうのだ。

今回、慈恵病院や児童養護施設、里親関係者が怒っている要因には、この「リアリティの欠如」がある。これに対して、「これはフィクションだから、設定が事実と違っていることもある。そこを突つかれたらドラマなんか作れない」という意見もある。しかし、ドラマにおけるリアリティというのは、それほど単純なものではない。

たとえば、セーラー服を着た女子高生がヤクザの親分になって機関銃をぶっ放したり、刑事なって難事件を解決したとしても、あるいは生物学的にあり得ない巨大怪獣が空を飛んだり、街中を走り回ったりしても、それがドラマや映画として成立するのは、そこに「リアリティ」というものが成立しているからだ。ただし、現実や事実をそのままなぞればリアリティが出るというものではないし、現実にはあり得ないことにもリアリティを持たせるのが、ドラマや映画の監督や脚本家の力量でもある。

ただ、この「明日、ママがいない」には、少なくとも第2話を見る限りは、ドラマに不可欠なリアリティというものが感じられない。虐待を受けた子どもと里親になろうとする大人の、関係構築の困難さの描き方も稚拙だ。とても、熟慮した表現には見えない。その浅さが、リアリティを殺いでいるのだ。

●リアリティ以上に問題なのは、制作側の「熟慮のなさ」

しかし、この「リアリティの欠如」以上に問題なのは、「熟慮のなさ」ではないだろうか。僕はそこに、騒動の根本的原因があるように思えてならない。

そもそも、児童養護施設に限らず、社会問題をテーマに(あるいはモチーフに)作品を作るというのは、とてもやっかいなものなのだ。どのような社会問題にも複雑な原因や事情があり、その解決が困難な理由もまた複雑だ。そして、解決に向かう考え方や方法論をめぐって、社会セクターのなかでも意見の対立があったりする。そのようなやっかいな問題にテレビ、しかも地上波キー局のゴールデンタイムのドラマという、超メジャーなメディアが斬り込んでいくためには、絶対的に必要なものがある。それは、自分たちの「正義」だ。

何かを表現するということは、その表現で傷つく人を生み出してしまう可能性もある。インドで頻発する集団レイプ事件の報道だって、日本で暮らすマジメで親日的なインド人の気持ちを何がしか傷つけることになるかもしれない。ドラマだろうが、バラエティだろうが、報道番組だろうが、番組を流すことで傷つく人もいる。しかし、それでもなお、伝えなければならないものが表現であり、そこにはやはり表現者としての正義や視点が必要なのだ。

誤解を恐れずに言えば、このドラマを放送することによって、たとえ施設の子どもたちや関係者のなかに傷つく者がいたとしても、児童福祉問題の根源的な解決につながる何らかの革新的なインサイトやコンセプトがあるとすれば、それは放送するに値すると思う。しかし、第2話放送分を見る限りは、そのようなものはあまり感じられなかった。

もちろん、全10話のうちのたった1話分だけを見てすべてを判断できるはずもないし、制作者だって1話じゃ表現しきれないと思うかもしれない。しかし世界観というものは、たとえ連ドラであっても、初回から醸し出されているべきではないだろうか。むしろそうでないとドラマが成立しない、と僕は思う。

●このドラマに通底するメッセージは?

たしかにこのドラマにも、制作者のメッセージや世界観というものが、すでに打ち出されてはいる。それが、番組のキャッチコピーだ。それは、「捨てられたんじゃない、わたしたちが捨てたんだ。」というもの。そこには(当然だが)、明確に制作者のメッセージや世界観というものが表現されているはずだ。

僕の推測では、このドラマに通底するメッセージは、簡単に言うと「親を捨てろ」ということではないかと思う。実際に観たわけではないのでネットで集めた情報で判断するしかないが、第1話のテーマは「親からもらった名前を捨てる」ことだったそうだ。つまり、初回から「親を捨てろ」と明確に言っている。これは非常に重要なメッセージだ。なぜなら、ある意味で、児童養護施設の子どもたちには、「親を捨てる」ことが重要だという考え方もあるからだ(あくまで、そのような考え方もあるという話だ。その是非はここでは議論しない)。

たとえば、虐待されている子どもに対して、児童相談所の担当者などが虐待の有無を子どもに尋ねても、たいていの子どもは「お母さんは優しいよ。いじめられてなんかいない」と答えるという。児童相談所や警察の人間に本当のことを言うと、母親が逮捕されるかもしれないと考えるからだ。つまり、どれだけ虐待されていても、子どもは母親を守ろうとするのだ。

そのような子どもを虐待から守るためには、子ども自身のマインドセットを変えることが重要で、そのためには「親を捨てろ」というメッセージが必要だ、という考え方もできるだろう。このドラマの奥底には、このような考え方、メッセージがあるように感じられるし、たぶん後半では、そのメッセージを背景とした、さらに奥深いメッセージが提示されてくるのだろう。

●番組の表現が生む差別ばかりがクローズアップされる現実

しかし、ドラマのラストに出てくるであろう最後のメッセージがどれほど奥深いものであったとしても、それは今回の問題の本質ではない。そして、このドラマの表現が児童養護施設の子どもたちを傷つけるかどうかも、(これも誤解を恐れずに言えば)あまり関係がない。むしろこの問題の本質は、児童福祉や児童養護施設といった社会問題への根源的な問いかけがこれほどの大きな騒動になってもまだ、きちんとしたメッセージとして発信されていないことだ。

読者のなかには、「子どもたちが傷つくかもしれない、そのこと自体が問題だ」と思う人もいるだろう。しかし、そうではない。

たとえば、障がい者福祉の世界では、かつては「障がい者は弱者だから保護すべきだ」という考え方が支配的だった。だから、障がい者は自宅や病室に閉じ込めておくことが「彼らを傷つけない」ことだ、と考えられていたのだ。そのような時代に、障がい者を働かせることは虐待以外のなにものでもなかった。それが、「障がい者を納税者に」という画期的なコンセプトが登場して、いまでは障がい者が働くことは、虐待どころか権利にさえ、なっている。いまの時代には、障がい者から働く場を奪うことが、彼らを傷つけることになるのだ。

社会問題をテレビが扱う場合は、このようなパースペクティブ(展望)が絶対に必要だ。テレビの場合、数字を取るためには、どうしてもある種の「あざとさ」が必要となる。しかし、重要なのは、その「あざとさ」がどのようなパースペクティブに基づいているか、ということだ。

僕としては、このドラマをめぐる騒動の最大の問題点は、「児童福祉に関する本質的な議論」がまったくなされていないことだと考えている。番組の表現が差別を生むかどうか、そこにばかり議論が集中してしまっていることが残念でならない。もちろん、その議論も重要だ。しかし、そうした議論になることが分かっていながら、ドラマ制作側はそれに対するきちんとした回答を用意していない、あるいはアナウンスできていない。そこが一番、問題なのである。

●日テレだけでなく、関係者にも問われる社会的責任

実はこの騒動、火種はすでに昨年末からくすぶっていた。全国里親会が日本テレビ、およびBPOに対して、ドラマの内容再検討の要求書を出している。その日付は、2013年12月24日。つまり、ドラマ放送前の時点でこのような事態になることは分かっていた、ということ。にもかかわらず、なぜこのドラマを作り、放送したかったのか。その理由を、日テレはきちんと説明すべきなのである。なぜなら、それが日テレとしてのCSRだからだ。

ちなみに、いまのCSRの考え方の主軸は、欧州委員会が定義した「企業の社会への影響に対する責任」にある。だからこそ、社会への影響力が格段に大きいメジャーなテレビ局は、その「社会的責任」も他の企業に比べてよりいっそう大きいはずだ。そして、社会的責任のなかには、「説明責任」というものも含まれるだろう。

だからこそ問われるべきは、「このドラマが与える社会への影響に対する責任」を日テレがどう考えているか、ということだ。それゆえに日テレは、やはり説得力ある説明をすべきだろう。それを「最後まで見れば分かる」という説明だけでは、とても社会的責任を果たしているとは言えない。伝えることが商売のメディア企業だからこそ、説明責任は他業種の企業以上に問われるということだ。

いずれにせよ、このような騒動になった以上、児童福祉のあり方や児童養護施設の子どもたちへの社会の認識がどのようなものであるべきか、日テレは自分たちの見解を明らかにし、その点について議論をすべきだろう。それが、報道機関でもあるテレビ局の社会的責任だ。「これはドラマだから、フィクションだから別物です」では通用しない。かつて放送された『家なき子』の頃とは、もう時代が違うのだ。

いまや、メーカーであれば、自分たちが契約したわけでも発注したわけでもない、下請けのそのまた下請けの工場の労働問題にまで責任が問われるのが、現在のCSRだ。それと同様に、ドラマだろうがバラエティだろうが、自分たちの著作物に対して、テレビ局の「社会的責任」が問われるのは当然なのである。

日テレは一度、このドラマの時間枠で、この問題に関する討論番組を生放送でやってみてはどうか、と思う。そのような社会的責任の取り方もあるだろう。しかし一方で、今年8月の「24時間テレビ」はどうするつもりなのだろうとも思う。児童養護業界全体を敵に回したようなテレビ局から、どこのNPOが寄付を受け取るのだろうか。お金に罪はないからとか言って、平気で寄付を受け取るだろうか。たとえもし、日テレから申し出たとしても、はたして全国児童養護施設協議会や全国里親会は寄付を受けるだろうか――。
(DIAMOND ONLINEより引用)

今回の騒動を通して言えるのは、テレビ局やスポンサー企業のCSRだけが問われているわけではない、ということ。
NPOの社会的責任とか正義とか矜持というものも問われることになる。そんな問題でもあるのです。

番組のキャッチコピーである「捨てられたんじゃない、わたしたちが捨てたんだ。」
そこには当然ですが、明確に制作者のメッセージや世界観というものが表現されているはず。

ここに書かれているように”社会的責任”を全うした正義のドラマを作り上げて欲しいものです。

図解よくわかるCSR 企業の社会的責任/米山秀隆

図解よくわかるCSR 企業の社会的責任/米山秀隆

(関連商品)

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
また炎上マーケティング?ロンブー淳、NHK新会長の“慰安婦発言”擁護でまた物議!
矢口真里、父親が再婚容認!?同棲相手の“店長”大出世で軟化か。
松本人志、『明日ママ』批判に苦言「クレームで番組終わらせられる。テレビつまらなく」
「僕が全部買うよ!」高須院長「明日ママ」スポンサーに名乗り!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。