作曲家・佐村河内氏のゴースト疑惑!NHKは知っていた?フィギュア高橋大輔のSP使用曲の影響は… - アイドル 芸能 見張り隊

作曲家・佐村河内氏のゴースト疑惑!NHKは知っていた?フィギュア高橋大輔のSP使用曲の影響は…

聴力を失った作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる作曲家の佐村河内守氏(50)の代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの楽曲が別の人物が作ったものだったことが分かりました。

代理人の弁護士が5日未明に明らかにした。佐村河内氏はNHKで紹介されたのがきっかけで脚光を浴びており、番組制作者が事実を把握していたのか問題化するのは必至ですね。

大友直人(cond)/佐村河内守:交響曲第1番 HIROSHIMA(CD)

大友直人(cond)/佐村河内守:交響曲第1番 HIROSHIMA(CD)

(関連商品)

(以下引用)
佐村河内氏は、35歳で完全に聴力を失いながらも作曲家として活動。4歳からピアノを習っており、そこで身につけた音感を生かし、メロディーを楽譜に書いていくとされる。

最初に注目されたのは、2012年11月に放送されたNHK「情報LIVE ただイマ!」。放送後には1年以上前に発売していたCD「交響曲第1番“HIROSHIMA”」に予約が殺到。インターネット通販大手「アマゾン」の音楽ソフト総合チャートで1位に急浮上した。

人気を後押ししたのが昨年3月31日に放送されたNHKスペシャルのドキュメンタリー番組「魂の旋律〜音を失った作曲家〜」。朝の人気情報番組「あさイチ」でも取り上げ、CDは累計18万枚というクラシック作品では異例の大ヒットとなった。

佐村河内氏の作品を「本当は自分が作曲している」という人物が、その事実を告発する準備。背景には佐村河内氏との間で意見の対立など何らかのトラブルがあったようだ。

代理人によると、十数年前から佐村河内氏が別の人物にイメージなどを伝え、曲にしてもらっていたといい、「(作曲した)人物の側にも作曲者として表に出づらい事情があると聞いており、佐村河内が自身を単独の作曲者と表記するようになった」と経緯を説明。佐村河内氏は深く反省しているという。

NHKは制作したフリーのディレクターに詳しい制作過程を聴くなど調査を開始。スポニチ本紙の取材でも「確かに共同制作者的な存在はいる」と、いわゆるゴーストライターの存在を認めていた関係者もいるだけに、問題化するのは必至だ。

また、ソチ五輪フィギュアスケート男子代表の高橋大輔(27)がショートプログラム(SP)で使う予定の「ヴァイオリンのためのソナチネ」も同氏の作曲ではないといい、こちらも波紋が広がりそうだ。
(スポニチアネックスより引用)

「現代のベートーベン」ともてはやされた、佐村河内守氏。その結末は、あまりにも屈辱に満ちたものとなりましたね。

盲目の音楽家は多くみられますが、聴力を失った作曲家は稀有な存在だけに注目も大きかったことでしょう。
それだけに、ゴーストライターの存在を告白できなかったのかもしれません。

隠し通す辛さは本人にしかわかりませんが、このたびの疑惑発覚に、ホッとされていることでしょう。

◆佐村河内 守(さむらごうち・まもる)1963年(昭38)9月21日、広島市生まれ。同市の崇徳高卒業後に上京。97年に映画「秋桜(コスモス)」の音楽を手掛け、01年にゲームソフト「鬼武者」の音楽などで脚光を浴びる。08年「広島市民賞」を受賞。13年公開の映画「桜、ふたたびの加奈子」の音楽も担当。

大谷康子/シャコンヌ -佐村河内守:弦楽作品集 【CD】佐村河内守:魂の旋律〜HIROSHIMA × レクイエム/大友直人,日本フィルハーモニー交響楽団,田部京子[DVD]【返品種別A】(日本版)日本書籍「魂の旋律−佐村河内守」
(関連商品)

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
嵐のジャニーズ交友録A松本潤⇔小栗旬、生田斗真 二宮和也、相葉雅紀⇔亀梨和也、風間俊介
嵐・相葉雅紀はなぜ人を惹きつける? 技術論を超えた「すごさ」とは
「仕事に真摯、義理堅い、やさしい」好感度うなぎ上りの出川哲朗。周囲が舌巻く「気配り」伝説の数々…
「ガキ使」の大晦日恒例企画「絶対に笑ってはいけない」がBPOで審議入り
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。