小泉元総理が感動した!“脱原発”映画「100000年後の安全」 無料公開の真意 - アイドル 芸能 見張り隊

小泉元総理が感動した!“脱原発”映画「100000年後の安全」 無料公開の真意

映画会社「アップリンク」が自社のホームページで、映画「100000年後の安全」(日本語吹き替え版)を2月10日まで無料配信して話題になっています。

100,000年後の安全 【DVD】

100,000年後の安全 【DVD】

(関連商品)

(以下引用)
この作品はフィンランドのオルキルオトに建設中の、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分施設「オンカロ」に世界で初めてカメラが潜入したドキュメンタリー作品。安全になるまで10万年かかるという高レベル放射性廃棄物を、果たして人類が10万年間も安全に管理できるのか……という原発を持つ国にとっては避けては通れないテーマを扱っている。

原発問題といえば都知事選の最大の争点である。細川護煕元首相をバックアップする小泉純一郎元首相が“脱原発”に大きく舵を切るきっかけとなったのが実はこの作品。観賞後にはフィンランドの「オンカロ」を視察で訪れ、脱原発の考えを深めたという。

アップリンクの浅井隆社長はこう話す。

「小泉さんがご覧になって考えが変わったというほどの映画です。最終処分場がないということがいかに大問題か、それを論理的に描いた映画で、見てもらえば原発や放射性廃棄物についての諸問題が、普通の人たちにもよく理解できる。あえて日本語吹き替え版を無料配信した狙いもそこにあります。これまでメディアでは、ピーター・バラカンさんがラジオで2度ほど映画を紹介してくれました。

彼はラジオ局の上層部から『原発問題の話は選挙期間中はNG』といわれたことをバラしていましたが、映画ならいいだろうということで扱っていただきました。とにかく、都知事選の投票前にできるだけ多くの人に見てほしいです」
(日刊ゲンダイより引用)

100,000年後の安全 A FILM FOR THE FUTURE INTO ETERNITY/マイケル・マドセン/西尾漠/澤井正子100,000年後の安全
(関連商品)

都知事選で、細川護煕元首相と対立する陣営が細川“口撃”に使うのが「脱原発は都知事選の争点じゃない」のフレーズ。
メディアの中には、わざわざ主要な争点を「医療や福祉政策」「地震などの防災対策」と強調している新聞もありますが、こういう“印象操作”の誘導報道を信じるのはどうでしょうか。

投票まであと5日。この作品を見ていただいて一票を投じてほしいですね。

こちらから、無料で視聴できます。
100000年後の安全

◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
嵐のジャニーズ交友録A松本潤⇔小栗旬、生田斗真 二宮和也、相葉雅紀⇔亀梨和也、風間俊介
嵐・相葉雅紀はなぜ人を惹きつける? 技術論を超えた「すごさ」とは
「仕事に真摯、義理堅い、やさしい」好感度うなぎ上りの出川哲朗。周囲が舌巻く「気配り」伝説の数々…
「ガキ使」の大晦日恒例企画「絶対に笑ってはいけない」がBPOで審議入り
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。