「あれは詐欺師の手口」難聴疑惑の佐村河内氏、障害者手帳を不正取得か? - アイドル 芸能 見張り隊

「あれは詐欺師の手口」難聴疑惑の佐村河内氏、障害者手帳を不正取得か?

「現代のベートーベン」からエセ作曲家に成り下がった佐村河内守氏にさらなる重大疑惑が浮上しています。

18年間にわたりゴーストライターを務めてきた新垣隆氏が6日に会見を開き、全聾であるはずの佐村河内氏が「実は聞こえている」と暴露したのです。

同氏の代理人弁護士は「障害者手帳を確認した」と猛反論するが、関係者からは障害者手帳そのものの不正取得疑惑を指摘する声まで上がっています。

(日本版)日本書籍「魂の旋律−佐村河内守」

魂の旋律−佐村河内守

(関連商品)

(以下引用)
作曲家・佐村河内守さん(50)の楽曲を代作していた桐朋学園大学非常勤講師の新垣隆さん(43)が6日、東京都内で記者会見を行い、佐村河内さんは耳が聞こえていたこと、さらに障害者手帳まで持っていた事実を告白した。

「あれは金に困ったヤクザやホームレスがよくやる詐欺師の手口ですよ。佐村河内さんがどうなのかは知りませんが、難聴による障害者手帳の不正取得はもっとも初歩的で簡単なもの。聴覚検査は抜け道が多く、聴こえない振りをすればいいだけ。手っ取り早く障害者手帳を入手するなら"聴覚"で、というのはこの世界の常識ですから」

そう語るのは、裏社会で暗躍するブローカー男性だ。生活保護の不正受給と並んで障害者手帳の不正取得は生活苦の暴力団員が手を染める犯罪として知られ、実際に07年には北海道で700名を越える集団不正取得事件により、札幌市の医師や社会保険労務士など複数の逮捕者まで生んでいる。この時も障害者手帳取得の材料にされたのは、詐病しやすい「難聴」だった。

記者会見で新垣さんは、佐村河内さんから一度だけ障害者手帳を見せられたといい、これが事実であれば障害者福祉法違反に問われるのは必至。現時点で佐村河内さんの障害等級は不明だが、障害年金の不正受給まであったとすれば詐欺罪にも問われる可能性もある。
(東京BREAKING NEWSより引用)

ゴーストライターによる代作問題のみならず障害者を冒涜するような行為の発覚で今後、佐村河内さんへの追及は免れないでしょう。

佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人/東京so. (COCQ-84901)

佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人/東京so. (COCQ-84901)

(関連商品)

佐村河内氏は全聾者で障害者手帳を交付されていますが、 wikiによると2002年に
「感音性難聴による両耳全聾、身体障害者等級第1種2級、両耳鼓膜欠落の交付を受ける」とあります。

中高生時代は作曲法を独学していたものの17歳で聴覚障害を発症。1999年、ゲームソフト『鬼武者』の音楽「交響組曲ライジング・サン」で脚光を浴びるも、その時には完全に聴力を失っていたとされた。

『ライジング・サン』完成後、自らの「聴覚障害」(ボイラー室に閉じ込められているかのような轟音が 常に頭に鳴り響くという)を初めて「公表」。

長らく聴覚障害を隠していた理由については「耳の不自由な作曲家の作品には、同情票がつくであろうこと。それだけはどうしても避けたかったのです」「『聴覚障害を売り物にした』という誤解も避けられないだろう」と説明しています。


◆◆今日のアクセス上位記事◆◆
【第4話:動画】『明日ママがいない』がファンタジーっぽくなり、視聴者困惑!
握手会商法を超えた!? AKB48・大島優子、感謝祭イベント「CDに抽選券封入」でファン悲鳴
「ここまでやるの!?」映画でもドラマでもCMでも…どこまで続く“ジャニーズ裸祭り”
SMAPの嫌いな芸能人&揉めた芸能人を暴露!中居正広×関西大物芸人、木村拓哉×舞台演出家、他
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。