SMAP史のタブー「6人目のメンバー」森且行脱退は、“序列の変更”で解禁となっていた。 - アイドル 芸能 見張り隊

SMAP史のタブー「6人目のメンバー」森且行脱退は、“序列の変更”で解禁となっていた。

最近、SMAPの元メンバーであった森且行さんの名前を目にすることが多くなりました。オートレーサーとしての森さんの活躍もあってか、SMAPのメンバーもテレビ番組で話題にすることもあります。

ネットの検索でも、よくヒットしていますが、「脱退の真実」はいまだ明かされていませんが、過去に『女性セブン』が「SMAPのタブー破り」というタイトルで記事を出していました。

2011年 11月の記事によると、森の脱退会見は、中居正広だけが付き添ったさびしいものだったそうですが、「6人目のメンバー」という序列の変更で、脱退が許されていたとは驚きですね。

TV fan CROSS Vol.11 2014年8月号 【表紙&巻頭】 SMAP/共同通信社(雑誌)

TV fan CROSS Vol.11 2014年8月号 【表紙&巻頭】 SMAP/共同通信社(雑誌)

(関連商品)

(以下引用)
ジャニーズ事務所側では、「嫌になって辞める者の引退会見など出る必要はない。誰も出るな、森なんてもうSMAPじゃないんだ」と、SMAPのメンバーに通告。
中居だけはこの命令に反して、自分がかつて憧れていた読売ジャイアンツのユニフォームを着て会見に臨み、オートレーサーへの夢を実現させるべく芸能界を辞めていく森へのはなむけにしたといわれます。

一方、同誌では違う言い分を載せています。

「オートレースは公営といえどもギャンブル。大半を占める中高生の女性ファンが、オートレース会場へつめかける可能性を考えて、その後、事務所はテレビ局や新開などが、森の映像資料などを使用することを厳禁としたんです。送別イベントもなかった。一見冷たい対応でしたが、それもすべてファンのことを考えてのことだったんです」(芸能関係者)

「冷たい記者会見」とその後の長い間の「森タブー」は、まるでジャニーズ事務所の配慮であったかのような説明です。

しかし、森且行が在籍していたのは20年中最初の5年だけです。当時の「中高生の女性ファン」はとっくに三十路に入り、結婚して子どももいる世代ですし、新しいファンは森「メンバー」のリアルな姿を知りません。

初回限定盤 SMAP スマップ / Mr.S (2CD+DVD)【初回限定盤】 〔CD〕

にもかかわらず、「オートレース会場へつめかける可能性」だの「ファンのことを考えてのこと」だのというのはいささか苦しい説明に聞こえなくもありません。

最近まで映像はもちろん、森且行という名前を話題にすることすら禁じるなど徹底した「SMAP史の修正」に懸命だったではありませんか。

同誌の記事は、「森という6人目のメンバーがいたことを、5人はこれからはごく普通に語っていくことだろう」と結んでいます。事務所も15年たち、ようやく「6人目のメンバー」として彼をSMAP史に復活させることを承諾したということでしょう。

しかし、歴史を正しく修正する気があるならば、「6人目」というのは看過できない記述ではないでしょうか。
(ジャニーズ研究会より引用)


ジャニーズの歴史 光も影も45年 完全保存版

ジャニーズの歴史 光も影も45年 完全保存版
(関連商品)
(関連商品)

1996年に芸能界を引退し、オートレーサーに転身していた森さん。最近では、初めての“パチンコ営業”に勤しんでいるのは周知でしょうが、いろいろとトラブルもあるようですね。

ジャニーズ事務所は、出て行くものに対しては容赦なく厳しい事務所として知られています。

だから、森さんが公の場に出る時にSMAPという表記は使えないし、これまでもオートレース場での取材などでSMAPのことを話すことは許されていませんでしたが、それにしても、”元SMAP”という表記にまでNGを出すとは、外部から見れば、ひどい仕打ちにしか見えません。

27日放送の『27時間テレビ』内では森さんがSMAPに宛てて綴った手紙が読み上げられ、中居正広らメンバーが号泣するシーンも見られましたが、はたして、近いうちに共演することができるんでしょうか。

◆関連記事◆
「元SMAP 森且行さん来店!! 」にジャニーズ事務所が激怒、初のパチンコ営業でトラブル発生?
【ジャニーズタレントの“黒塗り”写真がなくなる!?ウェブの画像使用緩和にマスコミは
森且行とSMAP共演のカギは「大雨」?

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。