堺雅人、NHK大河『真田丸』は“一本70万円” 。激安ギャラでもOKした裏に、あの人気脚本家の存在が? - アイドル 芸能 見張り隊

堺雅人、NHK大河『真田丸』は“一本70万円” 。激安ギャラでもOKした裏に、あの人気脚本家の存在が?

'16年に放映されるNHK大河ドラマ『真田丸』で主演を務める堺雅人(40)さん。その出演料があまりに安すぎると、民放関係者の間で話題になっているようです。

NHKは一本70万円ですが、リーガルハイ2では一本200万円。約三分の一という激安ギャラでも受けたのには、あの人気脚本家の存在があったというのですが…。

↓「やられたらやり返す!倍返しだ!!」
半沢直樹 ディレクターズカット版 DVD-BOX TCED-2030

半沢直樹 ディレクターズカット版 DVD-BOX TCED-2030

(関連商品)

(以下引用)
堺といえば、ドラマ『半沢直樹』(TBS)や『リーガルハイ』(フジ)などの大ヒットで民放キー局では3本の指に入る人気俳優。キャスティングできれば中身は問わずに企画が通るといわれる、最年少の大御所俳優なのだ。当然、出演料もうなぎ上りだった。
 
「『半沢直樹』は一本、180万円〜、『リーガルハイ2』は200万円〜。CM出演料も1本、最低5000万円〜。しかも、この出演料はのびしろが十二分にある最低価格です」(制作関係者)

では、民放関係者の度肝を抜いたNHKは、飛ぶ鳥を落とす勢いの堺にいくらの金額を提示したのか。
 
「ズバリ、一本70万円〜とされています。ただ、この金額は民放に比べたら確かに激安ですが、NHKにしてみれば中堅クラスの扱いです」(事情通)

NHKの出演料の基準は、貢献度とキャリアを元に算出される。堺の場合、NHKでのドラマ出演は、脇役で8本、主演となると『真田丸』で僅か2本目。
 
「このキャリアだと、70万円〜は適正な額。NHKの場合、主役と脇役はしっかり区別されていて、本数よりも主役の本数が問われるといっても過言ではない。もっとも、本数をこなさなければ主演の話も来ませんが…」(放送作家)

この額の話を聞いて地団駄を踏んで口惜しがっているのがTBSだ。
 
「そりゃ当然です。『半沢直樹』の続編に至っては一本400万円〜。しかも、消費税別とまで譲歩した。結論を言えば、TBSよりNHKを選択したということですからね」(関係者)

気になるのは、その堺サイドの戦略だ。TBSとの関係がギクシャクするばかりか、ギャラが約6分の1以下になってもNHKを選んだ理由とは何だったのか。
 
「一番は、NHKのドラマ制作のクオリティーの高さを堺が認めていること。二つ目は、人気脚本家の三谷幸喜と再び仕事ができること。つまり、目先の出演料よりも俳優としての満足感を優先させた結果です」(関係者)

ところが、出演料に関しては意外な盲点もある。
 
「NHKBSは番組一本として数えられるんです。また、色々なチャンネルで大河が再放送されれば、その度に30%の放映権料が入ってくる。NHKは世界中で放映していますし、必ずDVD化もされる。これらを均していくと、最終的な金額は一本あたり300万円〜にはなるのでは」(関係者)

早くも真田幸村を彷彿させるしたたかさを見せた堺。今後問われるのは視聴率だけだ。
(週刊実話より引用)


新品本/文・堺雅人 2 堺雅人/著

新品本/文・堺雅人 2 堺雅人/著

(関連商品)

いまや、個性派俳優として、圧倒的な存在をみせる堺雅人さん。
「半沢直樹」「リーガルハイ」で高視聴率をたたき出し、人気を不動のものにしています。

しかし、堺さんとしてはヒーローのイメージが定着するのを恐れての、このたびの選択なんでしょうが、やはり役者としては、いろいろな仕事にチャレンジしたいというのが本音でしょう。

真田幸村、それもNHKとなれば重圧も大きいでしょうが、新しい局面を披露して見せてくださることを期待したいところです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。