佐世保高1殺害 少女駆り立てた「実母の溺愛」と「継母の妊娠」 - アイドル 芸能 見張り隊

佐世保高1殺害 少女駆り立てた「実母の溺愛」と「継母の妊娠」

長崎・佐世保北高校1年の松尾愛和さん(15)殺害事件で、逮捕された同級生のA子(16)を残忍な犯行に駆り立てたのは何だったのか。その“動機”がおぼろげながら見えてきました。

事件に走った少女たち

事件に走った少女たち

(関連商品)

(以下引用)
県内でも有数の進学校に通っていたA子。友人からは勉強だけでなくスポーツや芸術にもたけた「文武両道」とみられていたが、それには両親の英才教育があったという。

「A子には弁護士の父親と、教育委員会にも関わっていた母親、それに同じ高校に通っていた兄がいました。父親は早大を卒業後、司法試験に受かり、今では県内でも最大級の事務所を構え、有名企業の顧問弁護士も務めている。母親は東大を出て、地元の放送局に勤めていたそうです。NPO法人の代表を務めたり、出版活動も行っていました」(地元マスコミ関係者)

ところが、母親を昨年10月に亡くし、心のバランスを崩したことが事件の遠因ともいわれている。そして、決定的な引き金となったといえるのが、母親の死の直後に再婚したという父親との確執だろうといわれている。
(日刊ゲンダイより引用)

昨秋に母親ががんで亡くなってから生活は一変。父親は半年で再婚していますが、継母は派手な格好の30代。ハデな格好が話題となっていたようです。

そういうこともあって、父親はA子の存在がい疎ましかったのか、今年4月から家賃5万円台のマンションで一人暮らしをさせています。9月からは豪州留学も計画していたようです。

(以下引用)
「さかのぼって計算して、前妻の存命中に妊娠した可能性もあると言う人もいる。父親は50過ぎとはいえ、ヤリ手でなかなかのイケメン。再婚相手は30代ほどで、でした」(地元関係者)

実母の死後、A子は父親の寝込みを襲い、金属バットでしたたかに殴りつけたという。父親の頭蓋骨は陥没し、歯はボロボロだったというから相当なダメージだ。しかし、県内指折りの弁護士としてのメンツも邪魔したのだろう。父親はこのトラブルを警察沙汰にすることはなかった。

A子は殺害した愛和さんについて、「個人的な恨みはなかった」と供述している。

「日が沈むころになると、近くの墓地でA子と愛和さんが一緒にじゃれ合っている姿をよく見かけました。互いに顔を近づけ合ったり、手をつないだりと、かなり親密そうな様子でした」(A子の住むマンションの近隣住人)

A子は4月以降、ほとんど通学していなかった。愛和さんとは人知れず“密会”を重ねていたのか。

A子は「一人暮らしのマンションで愛和さんと一緒にテレビを見ているうちにガマンできなくなった」とも供述しているという。

心理学者の矢幡洋氏はこう言う。
「事件前にも2人で買い物に行くなど、松尾さんはA子に警戒心を持っていなかったのでしょう。そこを利用して松尾さんに近づき、人を殺してみたいという願望をかなえた。恐らく彼女は反社会性パーソナリティー障害でしょう。このキャラクターは、猟奇的なものに魅力を感じ良心による歯止めがきかないのです。母親が最後のブレーキ役になっていたが、昨秋に亡くなってから、拍車がかかったとみられます」

A子のことをよく知る女性は「頭がとても良く、勉強好きだったが、感情の起伏が激しく突然泣きだすことがあった」と話している。

97年の神戸連続児童殺傷事件の少年Aも頭が良いと評判だった。祖父の死をきっかけに少年Aは精神が不安定になっていった。A子は心にどんな闇を抱えていたのか。何の理由もなく殺された松尾さんがあまりにも不憫だ。
(日刊ゲンダイより引用)

コメンテーターの萩谷順(ジャーナリスト)氏は
「事がここに至るまで、 彼女は何度かSOSのシグナルを送っていたはず。でも、その信号に周囲の大人たちが気付かなかった」と語っていますが、親も学校も気付いてたのに、(関わりたくないので)もみ消してたんでしょうか。

それにしても、父親はなぜ謝罪声明を出さないんでしょう?
それでも弁護士なんでしょうか。

これでは、A子は親にも見放されてしまって、帰るところもありませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。