ビートたけし、氷水拒否「オレはやんないよ。お金も払わない」と宣言!その理由は… - アイドル 芸能 見張り隊

ビートたけし、氷水拒否「オレはやんないよ。お金も払わない」と宣言!その理由は…

ビートたけしさんが、アイス・バケツ・チャレンジ」について、氷水をかぶることを拒否しています。

23日、レギュラー出演するTBS系「新・情報7days」で、「オレのとこにもそのうち(指名が)くると思うけど、オレはやんないよ。お金も払わない」ときっぱり宣言しています。

99%ありがとう ALSにも奪えないもの/藤田正裕

99%ありがとう ALSにも奪えないもの/藤田正裕

(関連商品)

(以下引用)
アイス‐活動で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)についての認知が広がることについては理解を示した上での発言。「オレは熱湯に入って金もらう方だから。なんで、冷たいの(かぶるの)。おいらは熱湯に入ってお金とる方だから、主旨が違う」とユーモアをまじえて拒否理由とした。

たけしは、83年から99年まで、日本テレビ系バラエティ番組「スーパーJOCKEY」の総合司会を務めていた。同番組の人気コーナーが『熱湯コマーシャル』で、テレビで宣伝したい人が熱湯に入り、PRするという企画だった。

たけしはまた、“氷水”チャレンジの指名を受けたものの、辞退を表明した武井壮について、「武井さん、なかなかいいコメントだね」と話した。
(デイリースポーツより引用)

新品本/奏であういのち 脳性まひとALSの人たちをめぐる物語 樋高知子/著

奏であういのち 脳性まひとALSの人たちをめぐる物語 樋高知子/著

(関連商品)

武井さんは21日のツイッターで「ご指名ありましたが思うところあって氷水はかぶらない、その代わりにALSに限らない難病支援に、水不足や衛生に関する支援に、飢餓に関する支援に、さらに東北で被災された方々への寄付などにその思いを回します!とコメントしていました。

また、22日にはゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが、ブログで「違和感を感じた」と明かし、「結論として、僕は寄付させて頂きます。そして次の人は指名しません。」と氷水拒否の姿勢を伝えています。

このアイス・バケツ活動で、ALSへの認知が広がるのはいいのですが、次の人を指名という手段については、たけしさんも反発するように違和感があります。

こうした善意の活動は、強制されてするものではなく、自主的に行うものであることをふまえて行動してほしいものですね。

【関連記事】
武井壮「氷水チャレンジ」大流行に、激怒!!氷水をかぶった動画を公開した友人を“片っ端から削除”」に賛同の声
ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、墨汁をかぶる。「アイス・バケツ」に違和感!寄付するも、次は指名せず。由

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。