ライバル心むき出し!テレビ界に出回る「共演NGリスト」 NGが多いのは、キムタク。 - アイドル 芸能 見張り隊

ライバル心むき出し!テレビ界に出回る「共演NGリスト」 NGが多いのは、キムタク。

芸能界のタブーのひとつは「共演NG」。テレビ業界にそのリストが出回っていますが、日刊ゲンダイが入手したという、その一部を公開します。

共演NGがもっとも多いのは仕事絡みのようで「ドラマや映画で共演してぶつかり、どちらかが毛嫌いするようになったり、どちらかの所属事務所が共演を断るケース」だとか。

まず、吉高由里子と柴咲コウは福山雅治の主演ドラマ「ガリレオ」が原因だ。柴咲はシーズン1に出演したが、シーズン2では降板し、福山と同じ事務所の吉高に取って代わられたのがキッカケ。

同様にドラマ絡みでは長澤まさみと上野樹里が「ラスト・フレンズ」、新垣結衣と戸田恵梨香は「コード・ブルー」。戸田は松田翔太とも折り合いが悪く、「ライアーゲーム」で共演して不仲説が流れた。

大河ドラマ絡みでは宮崎あおいと堀北真希は「篤姫」、松田聖子と檀れいは「平清盛」。

また、米倉涼子と篠原涼子は2度も同じクールで主演ドラマがあり、“涼子対決”といわれ、ライバル心を剥き出しにした。ちなみにドラマは「ナサケの女」と「黄金の豚」、「35歳の高校生」と「ラスト・シンデレラ」。

木村拓哉と堺雅人はトヨタのCMでは共演しているが、それ以外ではNGのケース。理由は昨夏にTBS系日曜21時枠で「半沢直樹」をヒットさせたが、次のクールのキムタク「安堂ロイド」がコケたのが理由。キムタク絡みでは共演の指名をしたところ、断った女優もダメ。それが井川遥と宮崎あおい

一方、映画絡みは「ヘルタースケルター」の沢尻エリカと桃井かおりで、桃井が「二度と顔を見たくない」と言ったとか。

松たか子と黒木華は映画「小さいおうち」で共演したが、脇役の黒木が主演の松を食って、今年のベルリン国際映画祭で銀熊賞に選ばれたため。

劇団ひとりと品川祐は映画監督としても注目されているが、公開作品の興収でひとりが上回ったことが理由である。

変わったところでは和田アキ子と千昌夫で紅白の楽屋問題、内村光良とキングコング西野、タモリとオードリー若林はともに番組内での発言でモメたためだという。
(日刊ゲンダイより引用)

今回は、テレビ界に出回る「共演NGリスト」の紹介でしたが、キャラ被りの業界ライバル、共演したもののソリが合わなかった犬猿の仲など、争いの火種は様々。

そうしたトラブルを避けるため、『共演NGリスト』なるものが、業界には存在するようですね。

【いま話題の、アイス・バケツ関連記事】
ビートたけし、氷水拒否「オレはやんないよ。お金も払わない」
武井壮「氷水チャレンジ」大流行に、激怒!!氷水をかぶった動画を公開した友人を“片っ端から削除”」に賛同の声
ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、墨汁をかぶる。「アイス・バケツ」に違和感!寄付するも、次は指名せず。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。