天才型と努力型。大島優子と前田敦子、女優評価に思わぬ差! - アイドル 芸能 見張り隊

天才型と努力型。大島優子と前田敦子、女優評価に思わぬ差!

「AKB48」卒業後、本格的に女優転身した大島優子(25)さんと前田敦子(23)さん。

AKB48在籍中は選抜総選挙1位の座をめぐり激しく火花を散らした2人でしたが、女優の世界での“センター争い”は、思わぬ差がつきつつあるようです。

〔予約〕大島優子写真集(仮) 予約特典!メイキングDVD付き/大島優子

〔予約〕大島優子写真集(仮) 予約特典!メイキングDVD付き/大島優子

(関連商品)

(以下引用)
大島は宮沢りえ(41)主演の映画「紙の月」(11月15日公開 吉田大八監督)に出演。スクリーン内での存在感に関係者の評判も急上昇している。一方、前田は演劇界の巨匠・蜷川幸雄氏(78)作の舞台「太陽2068」の千秋楽を今月頭に迎えたが、女優としての評価は「まだまだ厳しいものがある」という。2人のどこが違うのか?

大島が出演した「紙の月」は宮沢が7年ぶりに主演、原作が人気作家の角田光代氏(47)、さらにメガホンを取った吉田監督は映画「桐島、部活やめるってよ」で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。「宮沢×角田×吉田」という豪華なトリオが組んで製作された。
(東スポより引用)

「紙の月」は小林聡美や人気若手俳優の池松壮亮も出演し、この秋一番の注目作。

AKB卒業後、これが初の映画出演となる大島さんも、話題性では3人に負けていないようで、映画関係者によると、大島さんの役は映画用に作られたもので、重要な役どころだそうです。

(以下引用)
先日行われた完成披露会見では、こんな一幕があった。

若い男との逢瀬のため横領を重ねる“汚れた女”を演じた宮沢が「いままで演じたことない役。濃密だった」と話すと、横で聞いていた大島が宮沢の役作りについて「監督と現場で役をかみ砕いて台本にない芝居を出していく。間近で見られて勉強になった」とコメント。若手の大島にとっては、貴重な経験になったようだ。

吉田監督も大島を「この映画のジョーカー的存在」と大絶賛。もともと子役で活躍していたキャリアがあるだけに「演技の“地力”が備わっているから、トップ女優の芝居に触れることでぐんぐん成長している」(前出の映画関係者)という。

また大島は、撮影以外のところでも「盛り上げ役」として、場を和ませたとか。明るい性格で出演者、スタッフなどの評判は上々。テレビドラマで共演したあのSMAP木村拓哉(41)も大のお気に入りだという。
(東スポより引用)

木曜時代劇 あさきゆめみし〜八百屋お七異聞 DVD-BOX / 前田敦子 [DVD]

木曜時代劇 あさきゆめみし〜八百屋お七異聞 DVD-BOX / 前田敦子 [DVD]

(関連商品)

対照的に大島のさんの“永遠のライバル”である前田さんはというと、なかなか評価が上がってこないのが実情のようです。

別の映画関係者は「蜷川さんの舞台で相当、厳しく鍛えられてたようですが、舞台関係者からは『女優としてはまだまだ全然ダメ』という声も。

(以下引用)
映画関係者の間では「主役を張るには時期尚早」と指摘する。先にAKBを卒業したのは前田だったが、大島にアッという間に抜き去られてしまった格好だ。

ただ一方でこんな声もある。「前田はものすごく努力家。映画の勉強をかなりしているそうで、『AKB卒業後は一日中ずっと映画館に入り浸っていた』という逸話もあるほど。いまはまだ技術がついてきていないようですが、今後地道に力をつけていくでしょう」(配給関係者)
(東スポより引用)

何かの転機さえあれば「大女優マエアツ」が覚醒する可能性も十分にあるというわけですね。

天才型の大島さんと努力型の前田さん。なんだか、”ウサギとカメ”に似ています。最終的にどちらが勝つかは、まだまだ分かりません。

今後もこのライバル関係を糧にして激しい火花を散らし、AKB出身の女優としてその名を馳せてほしいものです。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。