ヒットマンに怯える、ASKA被告。暴力団ルートを洗いざらい喋ったために、目に入る人は”全員殺し屋”に見える? - アイドル 芸能 見張り隊

ヒットマンに怯える、ASKA被告。暴力団ルートを洗いざらい喋ったために、目に入る人は”全員殺し屋”に見える?

覚せい剤の使用などで起訴されたASKA被告が、28日に初公判を迎えます。

すでに、ASKA被告の供述から暴力団が家宅捜索をされたとみられ、報復の恐れもあるというのです。
ASKA被告は薬物の副作用もあり、「目にする人全員が殺し屋に見える」と怯えているというのですが…。

【中古】シングルCD CHAGE&ASKA / この愛のために【10P13Jun14】【画】

価格:520円
(2014/7/25 09:59時点)



(関連商品)

(以下引用)
覚せい剤取締法違反罪などで起訴され、現在千葉県内の病院に入院中のASKA被告が、28日の初公判を前に尋常ならざる状態だという。

21日、ASKA被告に合成麻薬MDMAを営利目的で譲り渡したとして、警視庁組織犯罪対策5課が指定暴力団住吉会系組幹部・安成貴彦容疑者と、無職・柳生雅由容疑者を逮捕した。3月24日、東京都目黒区のASKA被告の自宅ガレージで、MDMAの錠剤100錠を、代金50万円で譲り渡した疑い。

これを受け、当局は2人の自宅や安成容疑者が在籍する住吉会傘下のT会の関連施設数カ所を家宅捜索した。

「T会は新宿歌舞伎町を中心に暗躍していた武闘派ヤクザ。ASKAから薬物のオーダーを受けた柳生容疑者が、安成容疑者に発注していたようだ」(社会部記者)

一般市民にとって、違法薬物の根絶につながるのならば願ってもないニュース。だが、ヤクザの世界ではたまったものではない。

かねてASKA被告は当局の厳しい取り調べに“完オチ”し、暴力団ルートを洗いざらいしゃべったと報じられていたが、闇社会では「さすがにそれはないだろう」とタカをくくっていた。ところが、これだ。

ある暴力団組員は「ホンマにしゃべるなんて、ASKAはアホちゃうか。返し(報復)は必ずあるで!」と断言する。

当のASKA被告もそのことは重々承知しており「病院では薬物の副作用もあってか、とてつもなく神経過敏になっているそうです。目に入る人間は全員ヒットマンと思っているそうで、家族であっても病院側から接触を断られることもあるとか。精神的にかなりまずい状態」(事情通)という。

こんな調子で、28日の初公判を迎えることはできるのだろうか――。
(サイゾーより引用)

【中古】 CHAGE&ASKA 25th Anniversary BOX2 /CHAGE&ASKA 【中古】afb

価格:6,120円
(2014/7/25 10:01時点)



(関連商品)

これまで、芸能人が薬物事件で逮捕されるたびに、芸能界の“薬物汚染”の実態および全容解明が望まれる声が多く上がりましたが、現在に至るまでその“闇”は解明されず。

ところが、ASKA被告の供述をきっかけに、これまでにないほど“闇”の実態が明らかになりそうです。


ASKA被告は逮捕後、すべて話すことにしたようで、そうなると自らに“身の危険”が迫ることも想定し、セキュリティーが万全な千葉県内の薬物更正施設に“避難”したようです。

このままだと、今後、公判でかなり危険な証言が飛び出しそうですね。ASKA被告の口から飛び出る“爆弾”が、芸能界の“薬物汚染”に深く切り込むきっかけとなりそうです。

【関連記事】
ASKA愛人の驚くべき芸能人脈と“裏キャラ”。栩内被告周辺からは大物の名前が次々と…
隔離病棟に入院中のASKA、“末期レベルの危険な状態”・・・禁断症状の姿に他の薬物中毒患者も騒然「あいつは絶対にやめられない」


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。