好調の綾瀬ドラマで、問題発生!「他力本願」の誤用を、本願寺僧侶が指摘! - アイドル 芸能 見張り隊

好調の綾瀬ドラマで、問題発生!「他力本願」の誤用を、本願寺僧侶が指摘!

第2話視聴率は17%を記録し、今クールドラマの中で唯一、第2話視聴率大幅アップという絶好調のドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)。

主演の綾瀬はるか(29)さんが演じるのは、最近よく聞く“こじらせ女子”。
その特徴の一つに、「他力本願」だとしているのですが、その説明に本願寺が問題視しているようです。

浄土真宗の僧侶、門徒さんたちの間で、“あれは、本来の意味と違う!”と問題視されているんです。中には“けしからん!”と声を荒らげている人もいます」

他力本願のすすめ

他力本願のすすめ

(関連商品)

(以下引用)
同番組HPには、その特徴が以下のようにまとめられている(10月28日現在)。

其の一 自分の中の女子力に自信が持てない
其の二 他力本願
其の三 うたぐりぶかい
其の四 甘え下手
其の五 敵は天然モテ女
其の六 学生時代の人間関係にトラウマがある
其の七 寂しさに慣れている


問題になっている「他力本願」の説明文がこちら。

【こじらせ女子は、果報を寝て待つ。恋愛に対して受け身で、努力の仕方がわからない。日頃の行いさえよければ、いつか自分にも果報が訪れると、ちょっと本気で思っている】

女性セブンは、綾瀬主演の大ヒットドラマ『きょうは〜』がこじらせてしまった僧侶との関係を追って、京都へ向かった。

JR京都駅から徒歩7分。烏丸通り沿いに位置する名刹・東本願寺。真宗大谷派の本山だ。宗祖・親鸞聖人が明らかにした『他力本願』について、阿弥陀如来(=他力)が衆生を救済する本願の働きであり、阿弥陀信仰の根本となる教義であるとしている。東本願寺の僧侶に話を聞いてみた。

“果報は寝て待て”という使われ方は、よろしくないですね…。他人の力で願いを達成するという意味なんてありませんから。私たちは自分ではどうすることもできない力で生かされている。
例えば心臓を止めてやろうと思っても、心臓は勝手に動きますよね。そういうことに気づいたとき、ではどうしたら救われるか? 仏さんにすべてをお任せするしかないんですが、それが他力なんです。普段使われている意味合いは歪んでいます

(女性セブンより引用)

ギャラクシー S4 SC-04E TPU まるっと印刷 EK821 他力本願 光沢仕上げ ソフトケース 横まで印刷

他力本願 光沢仕上げ ソフトケース 横まで印刷

(関連商品)

「他力本願=果報は寝て待て」と解釈している人は、意外と多いのでは…。

恥ずかしながら私のその一人ですが、現代では「他人任せ」という意味が浸透しているので、そういった意味でドラマでも使われているんでしょう。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。