【フィギュアスケート】羽生結弦、流血アクシデントを乗り越え2位。公式練習で中国選手と激突し負傷! - アイドル 芸能 見張り隊

【フィギュアスケート】羽生結弦、流血アクシデントを乗り越え2位。公式練習で中国選手と激突し負傷!

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦「中国杯」は8日、上海で男女フリーが行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(19)という、残念な結果になりました。

CL-481 羽生結弦 2015年カレンダー

CL-481 羽生結弦 2015年カレンダー

(関連商品)

その原因となったのが、直前公式練習中に、エンカン(中国)と激突。頭部とあごから流血するハプニングに見舞われてしまった。

その場に倒れ込んだ羽生は口を押え、しばらく立ち上がれない状態となった。それでも最後は何とか自力で立ち上がったが、額からは血が流れていた。
リンクを離れるときには目はうつろで、リンクの外で緊急治療を受けるまさかの事態となった。

棄権かと思われましたが包帯を巻いて出場。満身創痍の中、4回転ジャンプに2度挑むなど死力を尽くして滑り切った。

演技後、感極まって涙していたそうですが、あたまの包帯が痛々しくて見ていられませんね。

2位の羽生結弦(ANA)は合計273.55点で2位だった。優勝はマキシム・コフトン(ロシア)で
合計243.41点、3位はリチャード・ドーンブッシュ(米国)で226.73点。



★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。