「週刊文春」京都殺人妻 “後妻業”の「黒幕」が浮上!東大法卒40代の弁護士 - アイドル 芸能 見張り隊

「週刊文春」京都殺人妻 “後妻業”の「黒幕」が浮上!東大法卒40代の弁護士

果たして逮捕できるのだろうか、証拠は残ってないしな〜とか噂されている”京都殺人妻”事件。

先月68歳になった、筧千佐子。カネ持ちの男を物色し、惑わせ、公正証書を書かせ、死に追いやる。そして、残された土地などを綺麗に現金化して手中に収める。

なんとも、残忍な事件ですが、こんな芸当が老婦一人でできるのか?
そこで、週刊文春が疑問に答えを出すべく取材を進めると「ある男」の存在が見えてきたというのです。


週刊文春の記事は、容疑者の筧千佐子には法律のアドバイスをした弁護士がいる。その弁護士が黒幕だという内容。
弁護士は正当な業務だと言うに決まっているでしょうが、文春のインタビューには応じていないとか。

↓事件を元に書いたものか?
後妻業/黒川博行

後妻業/黒川博行

(関連商品)

<本の内容概略>
金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙をむく小夜子の本性を知り…。
※本データはこの商品が発売された時点の情報です。


以下、黒幕と言われる弁護士の情報です。

弁護士15人を抱える弁護士法人Mの共同経営者・I弁護士
1973年静岡生まれ 東大法学部1997年卒業

弁護士法人M綜合法律事務所のホームページの弁護士紹介で
このI弁護士の紹介はすでにカットされています。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。