スクープ!渦中のやしきたかじんさんの長女初激白「百田尚樹さん、事実は違う」 - アイドル 芸能 見張り隊

スクープ!渦中のやしきたかじんさんの長女初激白「百田尚樹さん、事実は違う」

百田尚樹氏の『殉愛』によると、闘病生活の約700日間、一日たりともたかじんさんから離れずに看護をしたさくら夫人を大絶賛しています。

一方で親族は、<ちなみに娘を含めて彼の親族は、彼が亡くなるまで一度も見舞いに来なかった>と冷淡な人々と描かれ、本のテーマである「愛を知らなかった男が、本当の愛を知る物語」が強調されている。

だが、たかじんさんの長女であるHさんから見れば、見舞いに行きたくても行けないという状況があったというのです。

↓百田の百の嘘が?
殉愛/百田尚樹

殉愛/百田尚樹

(関連商品)

(以下引用)
「連絡が取れなくなっていたので、父がどこに入院しているのかも、がんの進行の程度もわからなかった。ずっと大阪の病院だと思っていて、最期が東京の聖路加国際病院だったのも知りませんでした。
おじたちがマネジャーさんに聞いても、『今は誰とも会いたがりません』と、見舞いは断られた。無理に会いに行くよりは、落ち着いたら連絡をもらえるんじゃないか、ということになっていたんです」 

不幸なボタンの掛け違いは、この後も続く。

12年9月、Hさんは結婚することを直接、報告しようと父に頻繁に連絡したが、ナシのつぶて。結婚相手がたかじん氏へ宛て「お嬢さんと結婚したいので、お会いしたい」という内容の手紙を書き、マネジャーに託したが、これにもたかじん氏から返事はなかった。

『殉愛』では、その手紙を見たたかじん氏の反応として、こんな記述がある。

<たかじんは不快感を隠さなかった。/「親が生きるか死ぬかの病気で苦しんでるのに、一度も見舞いに来んと、自分は結婚するから祝ってくれって、どこまでおのれのことばっかりなんや。これまでも仰山(ぎょうさん)お金渡してきた。これからは旦那に養ってもらえ。もう親をあてにするな」/たかじんはその手紙をくしゃくしゃに丸めた>
(週刊朝日より引用)

結婚報告を父に無視されたことは、Hさんにとって大きなショックだったようです。

「私は結婚祝いがほしいなんて言っていません。父に結婚相手に一目、会ってほしかっただけなのに、返事もくれなかった。母が父の女性関係でさんざん、苦労したことを聞いていたこともあって、この局面でも若い女性をそばに置き、私の結婚を無視する。『父親ってこんなものなのか』と、いい加減腹が立ちました。同年12月に結婚して以降、父にはほとんど連絡をしなくなりました」

『殉愛』にある通り、たかじん氏は実の娘を心底嫌っていたのだろうか。たかじん氏をよく知るテレビ関係者はこう証言する。

「娘さんのことをここまでボロクソに言っていたか、と言うと違う気がする。新地で飲んでいる時でも娘さんから電話があれば丁寧にしゃべっていたし、『親らしいことを何もしてへん』という気持ちも吐露していた。結婚相手についてもかなり心配していました」

結局、Hさんは父を看取ることができなかった。14年1月3日にたかじん氏が亡くなると、Hさんはさくら氏から連絡を受け、東京のたかじん氏のマンションでやせ細った父の遺体とようやく対面する。この時が、さくら氏との初対面だった。

Hさんの弁護団が作成した訴状では『さくら氏が無償の愛を注ぎ、相続においても何も求めず謙虚な姿勢を示してきたという作品の基調はそもそも事実に反する』と記してある。

たかじん氏は亡くなる直前、遺言執行者となる弁護士を呼び、死亡危急時遺言を作成していた。

「遺産のうち6億円は大阪市や社団法人などに遺贈を行い、それ以外のすべての遺産はさくら氏に相続させるというものでした。
死亡時、たかじん氏の自宅金庫には2億8千万円の現金があったとされ、さくら氏はこのうち1億8千万円は生前、取り交わした『業務委託契約』に基づいて自分のものだと主張しています。
そして遺言執行者が勝手にさくら氏分のお金を数えたなどという理由で解任を家裁に求め、その弁護士は辞任し、百田氏が描いた内容と違っています」(Hさんの代理人を務める的場徹弁護人)

Hさん側の主張を、どう受け止めるのか。また、Hさんに取材せずに作品を世に出したことに問題はなかったのか。幻冬舎と百田氏に見解を尋ねたが、<現在係争中であり一切の回答を差し控えさせていただきます>とのことだった。
(週刊朝日より引用)

週刊朝日で心中を吐露していたHさん。たかじんさんが23歳の時に結婚した最初の妻との間にできた、ただ一人の実子でした。

奔放な女性関係で有名だったたかじんさんだけに、Hさんの生い立ちは複雑だったようで…。

Hさんの母とたかじん氏の結婚生活は数年ほどしか続かず、たかじん氏は家を出てしまった(その後、離婚調停を経て離婚)。
Hさんは学生時代に母を病気で亡くし、その後は母方の祖父母、父方の祖父母の元で育てられていました。

(以下引用)
百田氏は<娘にしてみれば、かつて母を捨てた父に、自分もまた捨てられたと考えたとしても不思議はない>などと記している。Hさんはたかじん氏との関係をこう振り返る。

「父は私が物心つく前に自分の女性関係の問題で家を出ていってしまったけど、離れて暮らしながらも定期的に会っていました。
母が生きている間は誕生日とかクリスマスの時には親子3人で食事をしたり、プレゼントを買ってもらったり、父のマンションに泊まりに行ったり。大人になってからも年に1、2回は会っていました。
一般的な仲の良い親子とは違うのでしょうが、私たち親子のペースとしてはそれが普通でした。他人に何がわかるんですかと言いたいです」

「父の本が出ることは噂で聞いていたから、どんな本だろうと思っていたんです。読んでみて、あまりに一方的なひどい内容なので驚きました。いろいろと私のことを書いているけれど、事実と違うことばかりです。百田さんから取材の申し込みもありませんでした。

こんなのノンフィクションじゃないですよね? それなのに本の中で『すべて真実である』と言っていて、
何て雑なんだろうと思います。なぜ、私を悪者に仕立て上げる必要があったのでしょうか」

『殉愛』の中でHさんは、たかじん、さくら夫妻に事あるごとに冷たい態度で接し、たかじん氏はそんな娘を疎んじていたと描かれている。そんなHさんの作中における性格を象徴する場面が、冒頭に出てくる「やしきたかじんを偲ぶ会」の一コマだ。

たかじん氏の死から2カ月後の3月3日に大阪市内のホテルで開かれたこの会で、さくら氏が壇上であいさつした際、百田氏自身の目撃談として、次のような場面が描かれている。

<このとき、奇妙な光景を目にした。未亡人が挨拶している間、一人の中年女性が「早(は)よ、やめろ!」とか「帰れ!」などと大きな声で野次を飛ばしていたのだ。私の周囲にいた人たちが小さな声で、「たかじんさんの娘さんらしいで」と言う声が聞こえた>

夫を亡くしたばかりの妻に大勢の前で罵声を浴びせるこの場面を読んだ読者の大半は、Hさんに悪印象を覚えるだろう。だが、当のHさんはこの記述を真っ向から否定するのだ。

「私は野次など飛ばしていません。さくらさんのあいさつの間、会場は静まり返っていた。私は他の親族と一緒に会場の端に固まって座っていましたが、そんな不謹慎な発言は聞いていません。

おばあちゃん(たかじん氏の実母・今年5月に他界)は耳が遠く、周りが静まり返ったタイミングで『(さくらさんが)今から何か言うんか?』と大きな声で私に聞きましたが、それだけです。野次などはなかった。私は会場で百田さんにお会いしていないし、そもそも今に至るまで一度も会ったことがありません」

Hさんの弁護団が、会の進行を記録した録音を確認したが、野次は聞き取れなかったという。
(週刊朝日より引用)

↓たかじんは幸せだったのか?
幸福な生活/百田尚樹

幸福な生活/百田尚樹

(関連商品)

いくら娘に腹を立ててても、死に際が近い人間が娘に会いたくないわけがない。

たかだか1年や2年、側におる女に全部渡すなんて考えられない。
弱っていくのをいいことに勝手な話しで言いくるめて騙したとしか考えられない。

娘と会わせないように画策してたなら、たかじんにも娘の悪行をでっちあげ吹聴してたのでは。
「娘は会いたくないと言ってる」などと。

スマ進スクールで、百田氏がこんなことを…。

「私もノンフィクションを書く時に平気でウソをいっぱい入れてます」
「ホンマにそのまま書いたら おもろない」
「多少のウソはつく」


まさか、『殉愛』でも、そんなこと、やらかしたのでしょうか。


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。