小保方氏、使えないと言われ「データ操作」 STAP不正、初めて認めた。 - アイドル 芸能 見張り隊

小保方氏、使えないと言われ「データ操作」 STAP不正、初めて認めた。

STAP細胞の存在を一貫して主張してきた、理化学研究所の小保方晴子さん。自らの手でも証明できなかった事に責任を取り、このほど退社しています。

ところが26日、新たに不正の疑いがあったことが判明し、理化学研究所自体に責任が問われる事態となっています。

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

それでも「STAP細胞」は存在する 小保方晴子さん守護霊インタビュー

(関連商品)

(以下引用)
STAP論文の疑問点を調べた理化学研究所の調査委員会(委員長・桂勲国立遺伝学研究所所長)が26日、東京都内で記者会見し報告書を公表した。

調査委は論文で、新たに小保方晴子氏(31)による捏造(ねつぞう)2点を認定。小保方氏は「(共著者に)元のデータでは使えない、と言われ、操作した」と、一連の騒動の中で初めて自らの不正を認める発言をしたという。

「STAP幹細胞は調べた限りでは、すべて既存のES細胞(胚性幹細胞)に由来していた」。桂委員長は会見場のスクリーンに映し出されたデータや図を示しながら、はっきりと述べた。

ES細胞が混入した過程については明らかにされず、報道陣からの質問が集中。桂委員長は、小保方氏が調査委の聞き取りに「ES細胞混入の可能性はあるが、私は混入をさせたことは絶対ない」と弁明したことを明らかにした。

報告書は「ES細胞を誰かが故意に混入した疑いを拭えない」としたが、細胞は作製時に実験室に7日間放置され、誰が混入させたか、故意か過失かを判断できないという。

一方、論文で新たに小保方氏による図表2点の捏造を認定。小保方氏は聞き取り調査に、図表1点で作成に必要な作業をやっていないと認め、もう1点では「(共著者に)元のデータが“これでは使えない”と言われ、操作した」との趣旨の発言をしたという。

また、桂委員長は小保方氏以外でSTAP細胞を再現できたのは、論文共著者の若山照彦山梨大教授の1回だけだったと説明。小保方氏から作り方を教わった研究員は誰も再現できなかったが、若山教授があらためて教わったところ、再現できたという。桂委員長は「(なぜ再現できたのか)不思議です」と述べた。

調査委に続いて理研も記者会見。「できる限りの調査を行った。これ以上は限界」として問題の調査終了を宣言した。ただ小保方氏と連絡が取れず、調査委の報告書を渡せていないという。

共著者の自殺という事態まで引き起こした一連の騒動は、“張本人”が不在のまま、「STAP細胞がなかったことはほぼ確実」(調査委)という結果で幕を閉じた。
(スポニチアネックスより引用)

【送料無料選択可】STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎/著

STAP細胞に群がった悪いヤツら/小畑峰太郎

(関連商品)

実験でSTAP細胞の存在を示すことができず、同研究所を退職した小保方晴子さん。

これに、尾木ママがブログで「誠実さがにじみ出ています」と会見した小保方晴子さんを賞賛していました。

しかし12月18日、ブログに「小保方さんSTAP細胞再現ならずニュースに心が空洞」というエントリーをアップ。そこでは、

「いやいや…なんか裏切られた感じも?」 「国民的な背信行為と批判されても犠牲者まで出した問題をどう考えているのか…? 研究者以前の人間性問われます!!」と、厳しい言葉で批判しています。

確かに、「リケジョ」ともてはやされたものの、小保方さんには研究者としてのプライドも責任も感じられません。それも「不正」となれば、退社も仕方ありません。

「賠償請求」という話もあるようですが、これは理研自体の責任もあるだけに、難しいでしょうね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。