「週刊文春」高倉健に養女がいた! たった一人で看取った50歳元女優が語る「最期の病室」 - アイドル 芸能 見張り隊

「週刊文春」高倉健に養女がいた! たった一人で看取った50歳元女優が語る「最期の病室」

週刊現代の児島美ゆきさんの告白に続いて、週刊文春が「高倉健に養女がいた!」というスクープを飛ばしています。

江利チエミさんと離婚後、数々の女性と噂になったものの、独身を貫いて生涯を閉じた高倉健さん。

当然、子供もいないと思われていましたが、実は50歳の養女がいたことが分かりました。
重圧のなかで、看病を一人でやり遂げたこの養女が、病室での最期の日々を「週刊文春」で語っています。

永久保存版 高倉健 2014年12月号 【サンデー毎日増刊】

永久保存版 高倉健2014年12月号 【サンデー毎日増刊】

(関連商品)

(以下引用)
彼女はTさん。元女優で現在50歳になるという。健さんが正式に養子縁組をして彼女を養女にしたのは昨年5月(2013年)だ。健さんは「長年世話になった人に財産を残したい」といって弁護士に相談したという。

遺書もある。葬儀は「戒名なし、葬式なし、散骨を希望する」というものだそうだ。Tさんは健さんの食事や洗濯、掃除など身の回りの世話をして、時には相談相手になるなど、健さんに影のように付き添っていた。

<彼女が健さんの『特別な存在』だったことは間違いない。健さんとTさんは年齢差が三十三歳あるが、妻であり、母であり、娘でもあったのかもしれない>と週刊文春は書いている。

11月に再入院後、寝ている高倉の頬にTさんの涙がこぼれたとき、彼はこういった。<「どうして泣いているの? 僕は家に帰るんでしょう。おかしいよ、泣いたりしたら」>

Tさんは<「その会話の後、高倉は私の涙をそっと指で拭ってくれて、ひとこと「ありがとう」と。滅多に聞かれなかった言葉でした」>と声を震わせたという。

映画俳優 高倉健 その素顔

文藝春秋に発表した高倉の手記もTさんが病室で口述筆記したものだった。私も行ってみた京都の行きつけの喫茶店「花の木」に掛かっていたジャン・ギャバンの白黒写真を寄贈したのは健さんだった。
<「ジャン・ギャバンは亡くなられたとき、フランス海軍によって散骨が叶いました。『憧れるなぁ』という言葉が耳に残っております。

折に触れて、『人は必ず死ぬ。死なない人間はいないんだ』と話しておりました。病気になってからではなく、死後のことは、『Tに任せる。僕のこと、よく知ってるでしょ』と。責任を痛感しております」>

Tさんという人を健さんはとても信頼していたんだろう。なぜかホッとする。

健さんが可愛がった俳優・石倉三郎が結婚したとき、ペンダントが贈られてきたそうだが、そこに書かれていた健さんの言葉がいい。「冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、競わず、争わず、もって大事をなすべし」

Tさんなら遺産相続で揉めることはないだろう。
(J−CASTニュースより引用)

あなたへ / 高倉健 [Blu-ray]

あなたへ / 高倉健 [Blu-ray]

(関連商品)

最後の映画「あなたへ」の見せ場は、健さん演じる老刑務官が亡き妻の遺骨を彼女の故郷、長崎・平戸の海に散骨するシーンでした。

無言の健さんは、ただそこに立っているだけで、高倉健でしたね。
そんな健さんの姿は、いつまでも私たちの心に生き続けるに違いないでしょう。

高倉健 DVD-BOX DVD

高倉健 DVD-BOX DVD

(関連商品)

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。