能年玲奈にダマされた!バラエティ番組での「天然ボケキャラ」は事務所サイドの作戦? - アイドル 芸能 見張り隊

能年玲奈にダマされた!バラエティ番組での「天然ボケキャラ」は事務所サイドの作戦?

13年にNHK朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクし、昨年は映画「ホットロード」「海月姫」と立て続けに主演の能年玲奈さん(21)。

愛らしいルックスに加え、バラエティ番組で見せる芸能人らしくない「挙動不審トーク」で幅広い世代に親しまれています。

彼女は突拍子もない言動が魅力で、そこが番組的にも視聴率の取れる部分なんですが、なんと、「天然ボケキャラ」は、事務所による徹底した“キャラクター作り”だったというのです。

ホットロードOFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣

ホットロードOFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣

(関連商品)

(以下引用)
「昨年、能年は『ホットロード』と『海月姫』のプロモーションで、多くのバラエティ番組に出ていましたが、ウチの局の番組に出演した際、事務所サイドから、これまでに例のない『要請』があったんです」

こう明かすのは、民放局ディレクターである。

「人気芸人が司会を務めるトーク番組に出ていただいたんですが、打ち合わせで『まともにしゃべったシーンはカットしてほしい』と伝えられました。ふだん、出演タレントの事務所から言われることと正反対なので、思わず苦笑してしまいました」

能年サイドの「逆要請」について、「番組の進行についても逐一、シビアな指示があるんですよ」と、このディレクターは続けて説明するのだ。

「他のタレントとの兼ね合いもあり、なかなか難しいのですが、『MCは、できるだけリアクションしにくいようなムチャ振りをしてほしい』『番組では話が通じないキャラとして彼女を扱ってほしい』『遠慮せずにキツめにツッコんでほしい』と言われますね。

『これ放送事故なんじゃないの、とネットに書かれるように』なんて具体的な指示もありました。あと、これは他局のスタッフから聞いた話ですが、昨年末放送のバラエティ特番に『海月姫』のプロモーションで彼女が出演した際は、『能年の意味不明なトークに周囲が置いてけぼりになる展開が欲しい』という注文があったと。番組スタッフは、共演者との調整に苦労したと言っていました」

もっとも、番組制作スタッフによる能年本人への評価は上々だという。

「彼女はとても礼儀正しいですよ。番組ADにもしっかり挨拶をしますし、収録が押しても嫌な顔一つしない。それだけに、本番でオドオドされるのは、本人も周りの期待を意識しているからだろうと思います」

能年といえば、読者モデル時代に撮影された「ギャル風」の口調で話す映像が動画サイトにアップされ、「今と全然キャラクターが違う」とネット上で話題になったことがある。…

現在の天然ボケキャラへは、どのように「移行」したのか。能年をデビュー時からチェックしている芸能ライターによれば、
「彼女は13歳で、ローティーン向けファッション誌『ニコラ』の読者モデルとしてデビューしたのですが、中学時代は現在では想像がつかないほどふっくらしていて、もっとズケズケと話す子でした。『不思議キャラ』になったのは16歳ぐらいからですね。意味不明な絵を描いてブログに掲載するなど、ファンの間でも彼女の『不思議ちゃん』ぶりが話題になっていました」
(アサヒ芸能より引用)
 
先日放送された番組で、「バラエティ番組では周りのスピードについていけず、慌ててしまう」と悩みを吐露していたという能年さん。
彼女はむしろ、徹底した「キャラ作り」に熱心な周囲の関係者に振り回されているのかも…。

今年はバラエティを卒業し、映画やドラマの「キャラ作り」に取り組み、代表作を作り出してほしいですね。

◆今日のアクセス上位記事
SMAPが嵐と共演しない理由、それは“踊れない”から!飯島派に、踊れる子は預けられない…。
「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの」メリー喜多川が、文春取材で明言!
あの人気女優や大物作曲家も! たけしの逆鱗に触れた有名人たち。
「花持ってきた」はウソ…極楽・山本、“欽ちゃんネタ”で復帰絶望!
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


↓買ってはいけないベストセラー商品
MONODAS 2014 完全保存版 (100%ムックシリーズ)/晋遊舎(単行本・ムック)

MONODAS 2014 完全保存版


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。