超多忙の堺雅人を落とした日テレの「1本400万円」仰天ギャラ。 - アイドル 芸能 見張り隊

超多忙の堺雅人を落とした日テレの「1本400万円」仰天ギャラ。

4月クールのドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)で1年半ぶりの連ドラ主演を務めることが明らかになった堺雅人さん(41)。

テレビ各局が堺さんサイドに連ドラ出演のオファーを出していましたが、過密スケジュールを理由にすべて断られていました。だから今回の日テレでの起用には、他局から「堺さん、今年はダメじゃなかったの」という驚きの声が上がっています。


半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

(以下引用)
脚本は、人気ドラマ『ドクターX?外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)やNHK朝ドラ『花子とアン』などで有名な中園ミホ氏(55)が手掛けるという。まさに今のドラマ界での最強タッグ。最終回に42.2%を叩きだした『半沢直樹』(TBS系)をしのぐ大ヒット越えが期待できると、日テレ上層部も息巻いている。

しかし堺といえば16年度のNHK大河『真田丸』の主演が決まっており、今夏にもクランクイン予定だったはず。そんな超過密スケジュールのなか、なぜオファーを受けたのか。

「今や売れっ子脚本家となった中園さんですが、実は俳優・堺雅人の大ファン。彼女が、関係者を通じて堺さんサイドにラブコールを送ったそうです。当初は堺さんサイドも難色を示していたみたいですが、中園さんのお願いをむげに断ることもできない。そこで結局、最終的にクランクインを早める条件で出演を承諾したそうです」(日テレ関係者)
(女性自身より引用)

堺さんの“異例の出演”を可能にしたのは、それだけではなかったようで。
日テレは、裏で”破格の待遇”という、ダメ押しの一手を打っていたのです。

(以下引用)
「堺さんを含めたトップクラスの役者さんのギャラは、通常1話250〜300万円ほど。堺さんが『半沢直樹』に主演したときは1話200万円ほどだったといわれています。
しかし今回、日テレはその2倍となる400万円のギャラを提示したそうなんです!局としては『海外ロケなどなどに製作費をかけて視聴率が取れないくらいなら、確実に視聴率を取れる堺さんにお金を回したほうがいい』と判断したそうです」(前出・日テレ関係者)
(女性自身より引用)

そんな水面下の交渉により日テレデビューを飾ることとなった堺さん。

今回は、中園さん脚本による天才精神科医を演じるというのですが
“失敗しない”数字を叩き出して、局の期待に“倍返し”できるのか期待したいところです。


文・堺雅人2 すこやかな日々

◆今日のアクセス上位記事
「嵐」相葉雅紀の実家の中華料理店、バイト募集にファン1000人以上殺到!
「(KAT-TUNは)怖かったもん!」楽屋で殴り合い、社長にも意見、嵐もビビるKAT-TUNの仰天素顔。
フジテレビ、キムタクと決別!ジャニーズ女帝、爆弾宣言の衝撃余波。
握手会もミュージックカードもなし、それでも「嵐クラスの初週売上」。三代目JSBのアルバム、50万枚超に、ファンも驚く。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値"

●きょうのおすすめ商品
↓スマホが入る財布 かわいい5カラー


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。