有吉は必死、坂上はキャラ、高橋英樹とは共演NG?蛭子さんがテレビの裏側を暴露! - アイドル 芸能 見張り隊

有吉は必死、坂上はキャラ、高橋英樹とは共演NG?蛭子さんがテレビの裏側を暴露!




有吉弘行、坂上忍、ヒロミ……ここ近年つづいている芸人の再ブレイク。一様に毒舌を売りにした芸人たちだが、そんななかで異彩を放っているのが“蛭子さん”こと蛭子能収さんでしょうか。

テレビ東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で注目を集め、昨年放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「蛭子能収を超えるクズはそうそういない説」として検証されたことも。クズと名指しされるほどに裏表のない、忌憚のなさが受けているのかもしれません。

ご存じの通り、蛭子さんの本業はマンガ家。もちろんマンガでも蛭子さんは芸能界のしがらみなんて、どこ吹く風。先日発売したマンガ&インタビュー集『芸能界蛭子目線』でも、その治外法権ぶりを発揮して、数々の芸能人を(蛭子さんらしく悪気はないままに)ぶった斬っているのです。

芸能界蛭子目線

価格:1,080円
(2015/4/10 10:28時点)




(以下引用)
たとえば、ポストタモリである昼の帯番組『バイキング』(フジテレビ系)の司会にまで登りつめた坂上忍について、「すごいテンションでやってますよね。でもカメラが回っていない時は、すごく静かな人ですからね。今のキャラは演じていらっしゃると思いますよ」と、坂上のがんばりも台無しにするかのように素の姿を暴露。

同じく有吉弘行も、毒舌家に“キャラ変”した再ブレイク黎明期に番組で蛭子さんは共演。「あんなに極端に変わったのはビックリしましたよね。俺には出来ないから」と、やはり有吉が隠したいであろう“必死だったころ”を蛭子さんはオープンに。しかも、蛭子さんの冷静な目は〈自分が強く言ってることを自分でウケている〉という有吉の姿も見逃さなかった。
すかさず「あれ? 笑ってんの?」と蛭子さんが指摘すると、有吉は「いや 笑ってない」と否定したというが、これは“毒舌ではない自分が毒を吐いている恥ずかしさ”という有吉の自意識が明らかになるエピソードかもしれない。

さらに蛭子さんの“芸人・テレビ殺し”は止まらない。バラエティ番組の裏側を、蛭子さんは無邪気にこう語る。

「ひな壇芸人の人たちも、カメラが回ったら大騒ぎしますけど、楽屋では静かですよ。もうなんだか疲れ切ってる感じ。出番前も静かですよ。爆発するために力を溜めてる感じかなぁ。みんなおとなしくしてます」

「もうね、俺は社交的じゃないし、滑舌も悪いし、第一、群れるのが嫌だから、業界の付き合いはホントに大変ですよ。苦痛です。でも世のサラリーマンと同じで、共演者とは微笑んで話したり、司会者におべっか使ったり、プロデューサーのご機嫌とったりしないと駄目なんですよね」

多くの視聴者がうすうす勘づいていることを、ずばりと言葉にして開示してしまう蛭子さん。しかし、もっとも驚かされるのは、年配者には「桃太郎侍」、若い人には「越後製菓」「真麻パパ」でおなじみの好感度俳優・高橋英樹の話だ。

なんでも高橋は、蛭子さんに対してフランクに、いやフランク以上の態度で接するらしい。たとえば、番組ロケで会っても、「おっ エビス なんかきれいになったな」「おまえ昔汚かったもんな」と、いつもの正義観溢れる役柄や真麻を溺愛する普段のイメージからはほど遠すぎる言葉遣い。といっても、誰に対しても不遜な態度というわけではなく、当然、街ゆく人に声をかけられれば、高橋はやさしく対応。

しかし、蛭子さんいわく「私に対してはなぜかキツい」のだ。実際、高橋と蛭子が共演した番組を観た視聴者には「蛭子さんに対する言葉遣いが横柄だ」と思った人もいたとかで、「その一件があって以来、高橋さんと共演する機会がないんですよ」「共演NGになっちゃったのかな……」と蛭子さんは嘆いている。

そのほかにも、映画の本読みで表情をつくり台本を読む鈴木京香に〈恥ずかしくないんだろうか〉と心でツッコみ、挙げ句、自分の台詞で笑ってしまい場を白けさせてしまったり、『バス旅』でも出されたエビフライに思わず「ちっちゃいなぁ」とつぶやいてスタッフに「蛭子さん、なんであんなこと言うんですか!」と叱られたり。だが、どのエピソードも蛭子さんには悪気はなく、ただ“見たままを喋った”だけなのだ。

もちろん、蛭子さんは芸能人として長く生きられるようにキャラづくりすることも、芸能界にしがみつこうとして躍起になることもない。

「俺は漫画家ですからね、テレビはアルバイトだから、素人ですから。芸能人じゃないからキャラ替えとか、そんなこと出来ないし、考えたこともない」

そんな蛭子さんだが、こだわりがないわけではない。蛭子さんが大事にしているのは「誰も傷つけない笑い」だ。たとえば、店を閉めるというラーメン屋に“最後の一杯”を食べに行くロケで、その店の老夫婦に苦労話を聞き、いざラーメンを食したら恐ろしく不味かった。それでも蛭子さんは「我慢して全部食った」。
じつはこのロケ、ドッキリ企画だったというが、蛭子さんは誰も傷つけていない笑いであることを評価し、「このドッキリは良いドッキリだなと思うんですよ」「こういうのだったら、いくらでもダマされてもいいですよ」と言うのだ。

昨年出版した著書『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)でも、蛭子さんはウソを言わない、他人に迷惑をかけることはしない、という矜持を述べている。

「僕自身が自由であるためには、他人の自由も尊重しないといけないという信念であり、それが鉄則なんです。人それぞれ好きなものは違うし、ライフスタイルだって違う。そこをまず尊重しない限り、いつか自分の自由も侵されてしまうような気がしてなりません」

最後に、好きなテレビ局は?という質問に対する蛭子さんの回答を紹介しよう。当然、ブレイクのきっかけをつくったテレビ東京と答えると思いきや、蛭子さんの答えは「NHKは別格ですよ、王様です。予算も視聴率も神経質にならなくて済むからか、余裕があるし、しがらみとか嫌なこともあまりないかな。だから俺はNHKの仕事は好きですよ」。……蛭子さん、NHK以外のプロデューサーのご機嫌、全然取れてないよ!
(LITERAより引用) 

ひとりぼっちを笑うな

価格:800円
(2015/4/10 10:47時点)




蛭子さんが再ブレイクしたのも、きっとこの蛭子さんの思想が、テレビを観る者にも伝わってくるからかもしれません。

素直に率直な感想は言う。でも、人は傷つけないし、尊重する。自分がウケるために誰かを貶めるという卑怯なことも、空気を読んでキャラをつくることもしない。
『バス旅』をはじめとする番組を通して垣間見える蛭子さんのそういう自由さに、ひそかに視聴者はあこがれているのかもしれませんね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

◆今日のアクセス上位記事
ローラの寝起きベッド写真が話題に「世界一きれい」「可愛すぎる」というコメント殺到!
ありえない!反町隆史が4代目「相棒」に絶対なれないこれだけの理由。
不倫疑惑の田原俊彦、糟糠の妻より恐れる長女、綾乃美花。一方で、2人合意の“売名行為”ではという噂も…。
吉本芸人のややこしい先輩後輩関係、年上が後輩も…。ダウンタウンはトミーズ雅より年下だが、同期のためタメ口を使う。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値"

●きょうのおすすめ商品




★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。