嵐・相葉の主演ドラマ池井戸ドラマ『ようこそ、わが家へ』初回視聴率が”月9のワースト2位”の惨事! - アイドル 芸能 見張り隊

嵐・相葉の主演ドラマ池井戸ドラマ『ようこそ、わが家へ』初回視聴率が”月9のワースト2位”の惨事!




フジテレビの肝いりで立ち上がった池井戸ドラマ“月9”『ようこそ、わが家へ』。

嵐の相葉雅紀さん(32)主演で13日にスタートし、初回の平均視聴率が13.0%といきなりスタートからつまづいてしまいました。

これは“月9”の歴史では、2011年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(戸田恵梨香と三浦春馬がW主演)の12.1%に次いで、初回ワースト2位の数字です。

ようこそ、わが家へ [ 池井戸潤 ]

価格:750円
(2015/4/14 22:15時点)
感想(66件)




(以下引用)
原作は、『半沢直樹』シリーズで知られる売れっ子作家・池井戸潤の同名小説で、ストーカーを題材とした本格的なサスペンス調の作品だ。主人公・倉田健太役の相葉をはじめ、父・太一役に寺尾聰、妹・七菜役に有村架純、母・珪子役に南果歩らが出演している。

「池井戸作品は、TBSの『半沢直樹』に『ルーズヴェルト・ゲーム』、日本テレビの『花咲舞が黙ってない』といずれもヒットを記録。今やドラマ原作としても各局から引く手あまたの状態です。
それだけに今回はフジテレビとしても絶対に外せなかった。そのため、わざわざ原作にはないドラマのオリジナルキャラクターとして、主人公家族とともにストーカーを追うことになるヒロイン・神取明日香を沢尻エリカ(28)が演じるなど派手に手を加えたんですが、数字にはまったく反映されませんでしたね」(前出)
(DMMニュースより引用)

“月9”の歴史では、2011年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(戸田恵梨香と三浦春馬がW主演)の12.1%に次いで、初回ワースト2位の数字。

これは“月9”を代表する低視聴率ドラマ『極悪がんぼ』の13.6%や『ビブリア古書堂』の14.3%にも及ばない数字で、いきなりスタートからつまづいてしまった印象です。

やはり、原作にないドラマオリジナルの設定箇所だったのでしょうか、ネットでも「改悪」としてことごとく不評を買っている始末です。

大胆なストーリー展開が売りの池井戸作品だけにまだまだ大きな巻き返しも期待できるのですが、そのためには「フジの改悪」が足を引っ張らないことがカギになりそうです。

半沢直樹シリーズ第4弾!

銀翼のイカロス [ 池井戸潤 ]

価格:1,620円
(2015/4/14 22:28時点)
感想(77件)




★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

◆今日のアクセス上位記事
“劣化”が囁かれるあの女優が…!? 生で見ると美しい芸能人!
やっぱり…「報ステ」に自民党から圧力があった!その後に、担当プロデューサーの異例人事。
有吉は必死、坂上はキャラ、高橋英樹とは共演NG?蛭子さんがテレビの裏側を暴露!
吉本芸人のややこしい先輩後輩関係、年上が後輩も…。ダウンタウンはトミーズ雅より年下だが、同期のためタメ口を使う。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値"

●きょうのおすすめ商品




★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。