ドラマ『コウノドリ』が高評価!主演の綾野剛をはじめ出演者の多くがNHK朝ドラ出演者で芸達者ばかり。 - アイドル 芸能 見張り隊

ドラマ『コウノドリ』が高評価!主演の綾野剛をはじめ出演者の多くがNHK朝ドラ出演者で芸達者ばかり。



初回視聴率が12.4%と好スタートを切ったドラマ『コウノドリ』(TBS系)。
単独では初主演になる綾野剛さんの高評価もさることながら、ドラマ自体のヒューマンなテーマ設定や、リアルな出産現場が話題を呼んでいるようです。

特に出産経験のある女性たちの共感を得ているようで、「出産を思い出して号泣した」「旦那に見せたい」と称賛されている。今や「将来は助産師になりたい」と言う視聴者さえ増えているというのです。

コウノドリ(12) (モーニング KC)

新品価格
¥607から
(2015/11/28 18:50時点)




(以下引用)
◆徹底的に“リアリティ”を追求している制作側の姿勢で高評価

『コウノドリ』は、『週刊モーニング』(講談社)に連載中の鈴ノ木ユウ作の同名漫画が原作。単行本の累計部数150万部を誇る人気作品で、産婦人科医療の現場を描くという、男性誌の中では異色の設定になっている。
主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じているのだが、そのルックスが瓜ふたつで、綾野のチリチリヘアも原作にハマリまくりだと評判も高い。そうした原作との違和感のなさもファンからの好感を得ているようだが、やはり特筆すべきは、徹底的に“リアリティ”を追求している制作側の姿勢だろう。

生後間もない新生児であり、未熟児の赤ちゃんまで登場する。これまでのドラマであれば、生後間もない設定であっても、あきらかに首の座った生後2、3ヶ月ぐらいの赤ちゃんが登場し、視聴者も多少の違和感を持つというのがお約束だった。
ましてや、生後1ヶ月ぐらいは外出を控えるべきという“常識”もあるなか、本作は産婦人科医の指導のもと、スタッフは全員マスクをする、赤ちゃんの出演は本番のみにするなど、万全な配慮をしていると番組の公式サイトでも公開している。
そのほか、各放送回の内容に関しても丹念な取材の跡が見られ、施術シーンなども医療指導の専門家がモニターに釘付けになってチェックするなど、制作側の本気度はすごい。

ドラマの内容も実にリアルで、産科検診を受けていない、いわゆる“未受診妊婦”の問題や、交通事故に遭った妊婦を前に母体と胎児の二者択一を迫られるなど、妊娠・出産のリスクやアクシデントから現場スタッフの葛藤まで、産婦人科医療に関する社会的問題も絡めてけっこうシリアスに描き出されていく。
妊婦にとって感染症はリスクが高く、妊娠中に風疹感染すると胎児に悪影響を与えることが知られているが、第3話ではこの「先天性風疹症候群」をテーマとし、主演の綾野剛が、風疹の予防接種を呼びかけるリーフレットを実際に塩崎恭久厚労相に手渡したりもしているのだ。そんな妊婦への啓蒙活動にひと役買っているところも、ドラマの本気度がうかがえ、視聴者の高評価にもつながっているのかもしれない。

◆出産シーンの“リアルさ”を徹底的に追及

こうしてみると『コウノドリ』の人気の理由のひとつとして、本物の新生児を登場させるなど、出産シーンの“リアルさ”を徹底的に追及したことがあげられそうだ。逆に言えば、今までのドラマが出産シーンの描写に関しては、あまり真剣に向き合ってこなかったということなのかもしれない。
出産シーンのあるドラマは数多いが、ほとんどがパターン化されている。女優は一様に痛がる演技をし、赤ちゃんは人形だったり、人形ではなくても新生児ではなかったり、場合によっては、分娩室外の廊下で泣き声だけが聞こえるというもの。

『3年B組金八先生』(TBS系 1980年)でも、杉田かおるが15歳で出産する役を演じ、「助けて!お母さん」と叫ぶ迫真の演技が話題になったが、赤ちゃんはやはり生後数ヶ月だった。
NHK朝の連続テレビ小説『まれ』の土屋太鳳が双子を産むシーンでは、“いきみ逃がし”にゴルフボールを使用するという“リアリティ”が評価もされたが、それ以上に「双子はあんなに楽ではない」「双子はリスキーだから、帝王切開が基本」と“リアルではない”という意見が多かった。
NHKの朝ドラでは、これまでも出産シーンが定番のように登場してきた。『ファイト!』(2005年)では、臨月なのにうつ伏せになり、うつ伏せの半立ちで出産したりするなど、実際にはあり得ない動作が指摘され、リアリティに関しては疑問が呈されてきた。

本作のような医療ドラマで言えば、産婦人科を舞台にした『ギネ』(日本テレビ系 2009年)は、主人公の産婦人科医・藤原紀香の過剰なやりすぎの演技に、視聴者からもブーイングが起きた。ドラマの内容にしても、「医療現場を知らなさすぎ」と酷評され、あげくの果てには、産婦人科のイメージを落とすとまで言われた。

そうした意味では、今回の『コウノドリ』は、原作者が妻の出産に立ち会い、実際に現場で感動したことから作品が生まれたという。まさに折り紙付きのリアリティを持つ正真正銘の医療ヒューマンドラマなのである。
そしてそのリアリティを制作側が専門家と一緒にきちんと検証し、登場する赤ちゃんには医療的な配慮もするという、徹底的に誠実な取り組みに恵まれた作品でもある。そうした丁寧で細やかなドラマ作りが、『コウノドリ』の最大の強みであり、また人気の秘密だと思われる。少子高齢化も叫ばれる今、このドラマはいろいろな問題提起をも含んでいるようだ。
(オリコンNewSより引用)

コウノドリ コミック 1-11巻セット (モーニング KC)

新品価格
¥6,677から
(2015/11/28 18:51時点)




今期の『コウノドリ』は、初回が12・4%、2話目も12・0%と順調の滑り出し。

今回の作品はすべてが主役級の『チーム医療』で、綾野さんだけを美化して描いてないことでバランスが保たれています。吉田羊さんは人肌の温もりを持った助産師役で演技の広さを見せつけているし、青臭い医師を演じる松岡茉優さんも、若手の実力派だから安心して観ていられます。

というのも、共演者の多くが、NHKの朝ドラで話題になった女優さんばかり。

『純と愛』で名を売った吉田羊さん、『あまちゃん』でアイドルを演じた松岡茉優さん。第1話のゲストで妊婦を演じたのも『まれ』でブレイクした清水富美加さん。

また男優でも綾野さんと同期の産科医を演じる星野源さんは『ゲゲゲの女房』に出演。

そもそも主演の綾野からして『カーネーション』で紳士服職人を演じているのだから、さながら“朝ドラクロニクル”ですね。

『コウノドリ』は赤ちゃんと妊婦さんが中心で、女性視聴者に主眼を置いています。
このあたり、朝ドラの視聴者と親和性があるのでしょう。意識して起用している部分があるんでしょうね。

◆今日のアクセス上位記事
【速報】紅白歌合戦出場歌手発表! 初出場は乃木坂など10組。
再び実力を増す飯島三智女史。ジャニーズ事務所からの独立は近い?
大沢樹生、99.9%長男の壮絶すぎる虚言癖?エピソードの数々
《手を抜く方が疲れる》木村拓哉の格言が、熊本のお寺に掲げられていた!そのワケを直撃。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値"
吉本芸人のややこしい先輩後輩関係、年上が後輩も…。ダウンタウンはトミーズ雅より年下だが、同期のためタメ口を使う。

●きょうのおすすめ商品
流行のドルマンスリーブなどのトップスにも合わせやすい、ゆったりとしたシルエットです。

ブラック M (ディーループ)D-LOOP ゆるカジ ビッグシルエット スウェット ドルマンスリーブ フード付き

新品価格
¥4,580から
(2015/11/12 17:39時点)




★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング


★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。