男性芸能人 - アイドル 芸能 見張り隊

小泉今日子はなぜ「劣化」しないのか? 「変化する力」「プロデューサー目線」を育んだ母親との歪な愛のかたち。




ソフトバンクの新CMで、大人になり会員制のバーを営むセーラームーンを演じ話題となっている小泉今日子さん。

近年では『あまちゃん』(NHK)での主人公・天野アキの母親・春子役がとみに印象的だが、その他にも、映画・ドラマ・CMへの出演は途切れず、10月23日には「読売新聞」の読書委員を務めていた彼女の書評をまとめた『小泉今日子書評集』(中央公論新社)も発売されたばかり。

1982年のデビュー以来目立った停滞期間もなく芸能界の第一線で活躍し続け、49歳の今でもさらに魅力を増し続ける彼女にはいったいどんな秘密があるのでしょうか? 

最近出版された、助川幸逸郎『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』を読みながら、その謎に迫ってみましょう。

小泉今日子書評集

新品価格
¥1,512から
(2015/10/22 22:57時点)




(以下引用) 
彼女が成功し続けている秘密。助川氏はそれを「変化する力」という言葉で表現する。確かに、小泉今日子は、正統派アイドルとしてデビューしほどほどの人気を得た後、髪をショートカットに変えエッジの効いたキャラへのイメチェンで時の人に。そこから近田春夫、川勝正幸らをブレーンにアイドルの枠を飛び越えた良質な作品をつくりだす「オシャレ系アーティスト」になり、そして、本格的な女優へ……。彼女の長いキャリアを振り返ってみれば、そこにはいくつもの変化があった。

自分の「キャラ」に固執せず、次々と変化し、そしてそれが痛い失敗につながらない。それは、彼女の「「自分を見つめる目」の確かさ」によるものだと助川氏は分析している。たとえば、秋元康作詞による彼女の代表曲「なんてったってアイドル」に関して、小泉自身こう語っていたという。

〈みなさんがよく私の代表曲に挙げてくださる「なんてったってアイドル」なんて本当に歌うのがイヤでしたから。「またオトナが悪ふざけしてるよ」って(笑)〉
〈客観的に見て「この曲を歌えるのは私だけだろう」っていう自信はあったし、そういう周囲の期待を感じてはいた〉(「日本経済新聞電子版」2012年4月2日)

また、ハウスミュージックをアイドルポップスに取り入れた、小泉本人と近田春夫共同プロデュースによる1989年リリースの画期的なアルバム『KOIZUMI IN THE HOUSE』に関しても、こう語っていた。

〈当時はまだ多くの人が聴いたことのない、もしかしたらとっつきにくい音楽だったかもしれないけど、私という存在自体は分かりやすいですから。仕事の現場や遊び場で知り合った近田さんや藤原さんのファンの間に私が入れば、聴いていただけるとは思っていました。だって私自身、「ハウスが好きか?」と聞かれれば、別に好きじゃないですから(笑)。

もちろんカッコいいとは思っていたけど、“ハウスの人”になりたいわけじゃない。言ってしまえば、冷やかし気分だったからこそ、みなさんにとってちょうどいいカッコよさを探れたんでしょうね〉(「日本経済新聞電子版」2012年4月2日)

これらの発言を受け、助川氏はこう語る。

〈なんとなくハウスに憧れている「部外者」だったからこそ、一般人にとって「ちょうどいいカッコよさ」を探れた。自分について、ここまで冷静な発言をできる人物は滅多にいません。普通の歌手なら「もともとハウスに熱心で、けっしてニワカじゃなかった」と弁明するところです。
 
こんな具合に、みずからの価値を冷徹に見切れるのが小泉今日子の「らしさ」です。新しいことに次々挑戦して失敗しないのも、この特質のおかげといえます〉

時代の流れに合わせて次々と変化していき、新たな世界を表現することで決して古びた存在にならなかった小泉今日子。そのことには、本人も自覚的だったようだ。ブレーン的存在として彼女にサブカル的な知識をふんだんに与え、アイドルからの脱皮への道を用意したライター・川勝正幸の著書『ポップ中毒者の手記(約10年分)』(河出書房新社)の解説に、小泉はこんな言葉を残しているという。

〈世間のみなさんは、私はトンがったことを発信するアイドルだと思っただろうし、実際そう見えていたと思います。でも、本当の私はそういうことを自発的に発信するタイプではないんです。(中略)私に何か才能があるとすれば、人が提案したものを吸収して「自分らしい形」にすることなんです〉

自分に向けられた要求や提案には真摯に応えてみる。そうやって「変化」していく小泉今日子の姿勢はライターの藤吉雅春氏が〈小泉さんの凄みとは、過激な企てを平和にやりのけてしまうところです。しかも、本人が一番面白がっている〉(「週刊文春」文藝春秋/13年8月15日・22日号)との言葉を残すなど、周囲の人々も認めるものだった。なにせ、前述の川勝はどんな知識でもおむつのように吸収する彼女の姿勢を見て「パンパース小泉」というあだ名をつけるほどであった。

このように柔軟な小泉の姿勢が彼女にもたらしたものを助川はこう語る。

〈「された当人」に応える姿勢があるから「周囲の提案」がプラスに働く。応えてもらえるから提案する側もさらにアイデアを出したくなる。若き小泉今日子と身近な「知恵者」たちのあいだには、そうしたサイクルができていたようです〉

ただ、これは周囲の大人に「媚びる」という態度とはまったく異なる。提案されたことには全力で応えるが、それが自分に合わないと思えばそのアイデアは躊躇することなく捨ててしまう。周囲の思惑に合わせ正統派アイドル路線の聖子ちゃんカットでデビューした彼女が、自らショートカットへのイメチェンを申し出たのは有名な話だが、このエピソードなどはそれを端的に示している。彼女が常に考えていたのは、あくまで「周囲の大人」ではなく「お客さん」の目だった。助川氏はこう綴る。

〈小泉今日子の目線は、「周囲」や「みなさん」に向けられています。自分の属するチームの中で演じるべき役割を果たし、客を喜ばせる。仕事をしているときの彼女は、常にそこを意識しているようです。読売新聞の読書委員も「出来の悪い原稿だったら没にすること」を条件に引き受けたと聞いています。(中略)「文章書き」としても、「読者を喜ばせること」を常に意識しているのです〉

彼女がそのように客観的な「お客さま目線」「プロデューサー目線」を得ることができたのは何故なのか?助川氏はエッセイ集『原宿百景』(スイッチパブリッシング)の以下の文章を引き、三人姉妹の末っ子として生まれた彼女と母親との少しばかり歪な関係がその「目線」を彼女に与えたのではないかと考察する。

〈ユミさんは優しいお母さんだったけれど、友達のお母さん達と比べるとお母さんっぽくない人だったかもしれない。(中略)幼い日の私の写真を見ると、たいがい超ミニスカートを穿いている。これもユミさんのセンスで、「キョウコの足はキレイなカタチしているから」と、親バカ発言しながら、もともとミニスカートなのに、さらに裾あげされてパンツが見えないギリギリの丈にされていたのである。髪型もそうだ。小学生なのにパーマをかけさせられたり、モンチッチみたいな超ショートカットにされたり。私はいつも、ユミさんの動く着せ替え人形のように遊ばれていた〉

ここまでは、まあよくある親子関係の話ではある。しかし、こうして母の要望をすべて受け入れていくうちに、いつしか二人の関係はおかしなものになっていく。

〈私が最初に憧れた女性はユミさんだったと思う。母親というより大人の女性として素敵だと思っていた。でも、いつの日からか私がユミさんのお母さんみたいになっちゃった。
十七歳の時だったと思う。原宿のマンションにユミさんが泊まりに来ていた。キッチンで洗い物をしながら私はユミさんの愚痴を聞いていた。ユミさんは自分の感情に素直な人だから、よく泣いたり笑ったりする。私はいつも黙って聞いてあげる。そうすると「あんたは私のお母ちゃんみたいだね。お母ちゃんは割と大柄な人だったから姿は全然似てないんだけど、なにかがすごく似てるのよ」って、ユミさんが言う〉(前掲『原宿百景』)

「子どもが母親の母親になる」。母の言うことを受け入れ続けた結果、こんな歪な関係になったのだが、その結果、彼女は自伝『パンダのan・an』(マガジンハウス)でこんな言葉を綴るに至る。

〈私は、ある意味で自分の事を諦めたのだ。それまでは、宙に浮かんで、頭の上の方から客観的に自分を見ていた。幽体離脱した人が、自分の肉体を見ている様な感じ。上から見ていると周りはよく見えるけれど、自分の中身がよく見えない。心の中の痛みなんか見えないからほっぽっておいた〉

小泉今日子が綴ったこれらの言葉を受け、助川氏はこう書き記す。

〈「宙の上から自分を見るまなざし」は、「ユミさん」の要求に応えようとする、「ユミさんの母親」の視点です。そこに身を置いていたために、みずからの心身の声を、小泉今日子は(中略)聞き取れずにいたのでした。こうした「自分を外側から見る習性」は、一方ではプラスにも働いています。(中略)「お客の目線になりきって自分を観察できること」が小泉今日子の「強み」です。この「強み」は間違いなく、「頭の上の方から客観的に自分を見ていた」経験に根ざしています。
 
バブル時代に各種の「過激な企画」をもちかけられたとき、冷静に「一度はやってみよう」というスタンスで彼女は応じていました。年長者に踊らされているように見えながら、踊らせる側の真意をしっかり見定めている――アイドルとしての小泉今日子のあり方は、「ユミさん」の「着せ替え人形」を務めていた姿が原点です〉

小泉今日子の長いキャリアを振り返ってみれば、助川氏の言うような「プロデューサー目線」に裏打ちされたうえでの「変化を恐れない」姿勢が、常にファンを飽きさせず、また、その都度新たなファンを獲得してきた原動力になっていたのは事実のように思える。ただ、時折起きるスキャンダル(そのなかには、単なる恋愛沙汰だけでなく、「車の運転中に新聞配達用のバイクと接触したうえでの当て逃げ」というものも含まれている)が彼女のキャリアにほとんどダメージを与えなかったのは、小泉が大手事務所バーニングプロダクションに所属しているからという事実もまた忘れてはならないだろう。
(LITERAより引用)

小泉今日子はなぜいつも旬なのか (朝日新書)

新品価格
¥842から
(2015/10/22 22:50時点)




ただ、大手事務所に所属しているからという理由だけでは、芸能界はサバイブできません。

それには、天性の才能と、たゆまぬ努力が不可欠ですが、小泉さんは、次から次へと路線を変え、時代から求められるポジションに移動していく。こうしたやり方は、真似しようとしてもなかなかできる業ではありませんね、

アイドルから本格派歌手にイメージを変えたり、音楽畑で活躍していた人が俳優にシフトしたり――そういう路線変更は、珍しいことではない。
一つのことだけに取り組んでいたのでは、芸能人としての寿命は限られる。しかし、小泉さんのように転身を繰り返し、その度にステップアップしていくケースは稀有と言える。

今後、小泉さんはどんな「変化」を我々に見せてくれるのか、楽しみですね。

★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

◆関連記事
小泉今日子の個人事務所設立の目的は、能年玲奈の受け皿?これからは、自分の手でマネジメントしていく。
じぇじぇ!小泉今日子、「潮騒のメモリー」オリコン2位で紅白確実、紅組司会も?
小泉今日子、NHK朝ドラ『あまちゃん』で歌披露!甘く切ない歌声でさらに視聴率アップ

◆今日のアクセス上位記事
アンガールズ山根の結婚生活にほっこりする人とビックリする人が続出、ネットの声「子どもかわいすぎ」「結婚してたんだ!?」
桃井かおり、63歳で結婚!増えている熟年初婚した芸能人たち。
山下智久、大野智も!?V6岡田准一率いる、“岡田一門”が芸能界で拡大中!
吉本芸人のややこしい先輩後輩関係、年上が後輩も…。ダウンタウンはトミーズ雅より年下だが、同期のためタメ口を使う。
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値"

●きょうのおすすめ商品

【COOLな配色切り替えチュニックワンピです!】

(シャンディニー) Chandeny 美 ライン 着痩せ 配色 切り替え チュニック ワンピ 大人 長袖 秋 冬 女性用 レディース ファッション グレー & ブラック




★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

歌手の付け人、ナベプロのスパイ、暴力団との交際、安倍首相父の懐刀…なべおさみの自伝がヤバい!

タレントのなべおさみさんが、このたび上梓した自伝『やくざと芸能と』。この本のなかで彼は、自身の闇勢力との付き合いを振り返っているだけでなく、芸能とやくざの関わりを歴史から紐解き、天皇とやくざの関係にまで言及しているのです。

だが、本書の見どころはそれだけに留まらない。なべさんは驚きの芸能界の裏側や大物政治家とのつながりまで、かなり赤裸々に明かしているようで、「とんでもない本が出た!」と業界を騒然とさせているのです。

【2500円以上送料無料】吹けば飛ぶよな男だが/なべおさみ

価格:3,024円
(2014/7/14 22:59時点)
感想(0件)



(関連商品)

(以下引用) 
まず、なべは大学在学中から放送作家として活躍し、その後は渡辺プロダクションに所属して人気歌手・水原弘の付き人を務めていた。
当時のナベプロといえば、現在にいたる芸能システムを一気に築き上げ、創業者の渡辺晋はいわば元祖“芸能界のドン”的存在。なべはそんな渡辺社長を「お屋形様、信長様」と慕い、信奉していたという。

ある日、なべは渡辺社長と妻で副社長の美佐夫人から自宅へ来いと急に呼び出された。そして突然、「来年からお前は渡辺プロのために、隠密になって働いてもらいたい」と命が下る。

ここでいう隠密とは、待遇に不満を持つ所属タレントの話を聞き、「あくまでタレント側に立って味方しつつ、相手に悟られない様に事務所側に導く事」。いわば間者、スパイを任せられたというわけだ。
“ナベプロ帝国”と呼ばれたほどの影響力をもっていたとはいえ、こんなえげつない作戦まで展開していたとは……。

しかし、お屋形様に「陰の世界の任務」を課せられたなべは思わず“血がわななき”、忍者活動に精を出す。
(RITERAより引用)


加賀まりこが布施明との子を宿して未婚の母になる決意を固め姿を消してしまったときには、つてを辿り隠れ家を探し当てています、また森進一が独立を画策すればそれを阻止するなど、」タレントにしておくのはもったいないほどの働きぶりだったそうです。

こうしたなべの懐柔の手腕は、いつしか政界でも重宝されるように。とくに懇意の間柄となったのは、政治家の安倍晋太郎。そう、あの安倍晋三のお父さんです。なべは「私自身の政界での原点、親分は安倍晋太郎です」と綴るほど、入れ込んでいたようです。

(以下引用)
だが、決してなべは晋太郎の単なる子飼いだったわけではない。ときはタレント議員がもてはやされ始めたころ。赤坂のお座敷で、なべも晋太郎から出馬要請を受けたが、なべは同席していた「絵に描いた様な美人」を指さし、彼女を立候補させれば?と進言するのだ。

「なべおさみって、『女ののど自慢』の司会だった人でしょ」と侮るなかれ。その裏では“政界のプリンス”と見事に渡り合う、恐ろしい人物だったのだ。
だがそれ以上にビックリするのは、晋太郎はその提案通り、ほんとうにその美人を参議院議員選挙に出馬させたこと。ちなみにその美人とは、元タカラジェンヌで後に大臣職にまでのぼりつめた扇千景である。

このほかにも、晋太郎からの依頼で金丸信と会い、いきなり「すまんが、北海道に入ってくれんかね」と鈴木宗男の選挙協力を打診されたり、さらにはなべがOKすると、金丸に「(テーブルの)下へ手を出して!」「両手を広げて!」と言われたり(なべは「広げた両手にドサッと来た」と書いているが、これは選挙資金か?)など、本書に登場するエピソードは、タレント本の枠を超えすぎたスケール&ダーク感なのである。
(RITERAより引用)


本書では、水原弘、勝新太郎、石原裕次郎、三木鶏郎、野坂昭如、加賀まりこ、大原麗子、石津謙介、白洲次郎ら、錚々たる人物も登場するなど、凄まじい交遊録ではありますが、肝心の“明大裏口入学事件”の真相については、上手いのか上手くないのかよくわからないオチをつけて、結局は明かしていません。

それでも十分面白いので、アウトロー方面が好物の人には一読を勧めたいですね。

【1000円以上送料無料】やくざと芸能と 私の愛した日本人/なべおさみ

価格:1,836円
(2014/7/14 21:42時点)
感想(0件)


仕事減っても、都心に3億円豪邸を建設!意外とガッチリしている、ショーケンの”財テク事情”

ここにきてショーケンこと萩原健一の資産状況が注目されています。
 
87年から横浜市内の豪邸に住んでいましたが
このたび、都内に3億円の豪邸を建てているというのです。

気になるのは、お金の出どころ。←ranking

どれだけ金を持っているのかと話題になっていますが
意外やガッチリしており、全盛時には不動産投資をするなど
財テクには長けていたようです。

前略おふくろ様 DVD-BOX(7枚組+特典DISC)(初回限定生産) DVD

前略おふくろ様 DVD-BOX


なにしろ新居の凝り方は半端ではない。「母家は純和風の木造2階建てで、サウナや茶室に、離れもある。材木はすべて京都から取り寄せているため、土地代をあわせた総工費は約3億円規模といわれています」(芸能界事情通)

62歳にして横浜の家から東京都内への転居を決意した理由だが、11年2月に結婚したモデルの冨田リカとの新婚生活と関係しているようだ。
 
「横浜時代は、2人で加圧トレーニングやなじみのレストランに通う穏やかな毎日を楽しんでいた。だが、そんな生活を続けていると、なにかがモノ足りなくなってきた。そして、どうしても仕事がしたくなってきたようです。そうなると、住居も都心の方がいいとショーケンが即決で新居建設を決めたわけです」(夕刊紙芸能デスク)

もっとも62歳という年齢での新居建設となれば、その資金はどうするのかが気になる。彼は過去に数々の問題を起こしてきた要注意人物でもある。銀行も融資を渋るだろう。ところが、かなりの隠れ不動産所有者のため、豪邸建設が可能になったようだ。←ranking
 
「20代後半の全盛期に、『前略おふくろ様』などのヒットドラマに主演した。そうしたドラマ出演を数こなし、歌手としてもツァーで稼いで収入は毎年数億にのぼった。反面、ショーケンは浪費をせずに、かなりため込んでいたようです。都心にマンションや土地などの不動産を買いあさり、時価にして5〜6億円程度になっていた。財テクについては意外と固いところがあったわけです。そのため、事件を起こして逮捕され、干されても悠々自適の生活を続けられた」(前出・芸能界事情通)

ショーケンの意外な面を見せられたようだが、仕事での再起は苦労しそうだ。
(週刊実話より引用)


太陽にほえろ! マカロニ刑事編II DVD−BOX

太陽にほえろ! マカロニ刑事編IT DVD−BOX

(関連商品)

萩原さんと言えば
・大麻不法所持で逮捕(1983年)
・酒気帯び運転で人身事故 → 業務上過失障害罪で逮捕(1984年)
・主演映画の出演料をめぐり、制作会社を恐喝し逮捕(2005年)

こんな問題だらけの萩原さんですが
しっかり、財テクをしていたとは驚きですね。

萩原夫妻 画像⇒ ranking reading ranking

◆今日のアクセス上位記事
【東スポ】不倫離婚、代償1億円!矢口真里の“巧妙な肉食テク”も明らかに
財産分与で、慰謝料1億円!?矢口真里の不倫発覚で離婚した中村昌也のフトコロに
<AKB48総選挙独自調査>大島優子が逆転!指原が追う展開に…
朝ドラヒロイン・夏菜が脱いだ!映画「監禁探偵」でF乳ヌード、手錠監禁凌辱シーンを初公開
【特集】ジャニーズタレントの出身校&偏差値

◆今日の売れ筋商品
↓ごはんとおかずが同時にできる
タイガー マイコン炊飯ジャー(3合炊き) スイートピンク TIGER tacook(タクック) JAJ-A550-PS 返品種別A

タイガー マイコン炊飯ジャー(3合炊き) スイートピンク


★もっと芸能ゴシップを読みたい方は←エンタメランキング

↓今日の記事に興味があったら、クリックで応援してね!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★厳選!新着芸能情報★
IP分散
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。